ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カップうどん「きつね」どれが本当に美味しいか専門家が採点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年のカップうどんの中には、店で食べる本格うどんに近いレベルのものが少なくないという。B級グルメ探究家の柳生九兵衛さんが解説する。

「例えば麺。以前はお湯を注いでから短時間で麺を戻そうとしたため、薄くコシがなかった。現在は本来のうどんらしさを再現すべく、より太く、コシがあり、もちもちのしっかりとした食感を持つ麺の開発が進んでいます」

 だしひとつとっても、昆布やかつおだしの割合を販売地域によって変えるなど、その土地に根ざした味わいを重視。ラーメンは特徴ある味を好む人が多いが、うどんは味に安定感を求める人が多いようだ。

 定番の「きつね」うどんで、本当においしいのはどれか。2人の専門家と「女性セブン」の記者が食べ比べて麺、つゆ、具、バランスと項目ごとに5点満点で採点しました!

【審査員】
柳生九兵衛さん:B級グルメ探究家。昨年11月の本誌「袋めん」食べ比べに続いて参戦。ライフワークは新製品のチェック。
澤田美奈さん:「美奈のおしゃデリクッキング」主宰。「クックパッド料理教室」で3か月連続人気1位に輝く、注目の料理研究家。
女性セブン記者A子:振り返れば、初代「どん兵衛」「赤いきつね」から現在まで、カップうどんを食べ続けてきたR50記者。

■日清のどん兵衛 きつねうどん【東】
180円/日清食品

 1976年発売のロングセラー。昨年8月から香り引き立つ「彩り七味」が添えられるようになった。「3層太ストレート製法」による太くてまっすぐな麺と、ふっくらとした揚げが特徴。「もちもちで、しっかりした麺、だしの旨みを吸った揚げが、抜群にいい。七味唐辛子が香りよく、入れると上品な仕上がりになる」(柳生さん)。

柳生→麺5、つゆ4.5、揚げ&具5、全体のバランス5
澤田→麺5、つゆ3.5、揚げ&具4.5、全体のバランス4
記者→麺5、つゆ4、揚げ&具5、全体のバランス4.5
合計55点   

■赤いきつねうどん(東向け)
180円/東洋水産

 1978年の発売以来リニューアルを重ね、昨年8月には、従来よりなめらかでコシと弾力のある太麺に進化。地域によって「だし」が違い、東向け、西向け、関西、北海道の4種類を揃える。「昔ながらの基本の味で、飽きのこない味だが可もなく不可もない」(澤田さん)。「ややかつおの風味が強い気はするが、バランスがよい」(柳生さん)。

柳生→麺3、つゆ3.5、揚げ&具4、全体のバランス4
澤田→麺4、つゆ3、揚げ&具3、全体のバランス3
記者→麺3.5、つゆ3、揚げ&具4、全体のバランス4
合計42点

■まる旨 きつねうどん
94円(編集部調べ。税込)/エースコック

 昨年3月に発売したカップうどん。つるっとのどごしのいいなめらかな麺と、クセのない北海道産昆布を使用した和風つゆの組み合わせ。「つゆは甘みが強く、しょうゆの塩気がもう少しあったほうがいい。麺はうどんというよりカップラーメンに近いのが残念」(柳生さん)。

柳生→麺2.5、つゆ2.5、揚げ&具3.5、全体のバランス3.5
澤田→麺3、つゆ3、揚げ&具3、全体のバランス3.5
記者→麺3、つゆ3.5、揚げ&具3、全体のバランス3.5
合計37.5点

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
専門家がジャッジするいちばん美味しいみそ味袋めんは何?
袋めん激うま決定戦 専門家が選んだ醤油味No.1は「永谷園」
ヒガシマル醤油「うどんスープ」CM曲は元たまの知久が歌唱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP