ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】 「日本のドン」の借金と汚名を引き受けた男の執念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『宿命の子  笹川一族の神話』高山文彦/小学館/本体2500円+税

高山文彦(たかやま・ふみひこ):1958年宮崎県生まれ。法政大学中退。『火花 北条民雄の生涯』(七つ森書館刊)で大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞。『どん底 部落差別自作自演事件』(小学館刊)、『いのちの器 臓器は誰のものか』(角川文庫)など著書多数。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 本書を読まなければ、私(評者)はかつて繰り返されたマスコミ報道の影響から抜け出せないまま、本書の主人公であり、かの笹川良一(1899~1995)の跡目を継いで日本財団(旧・日本船舶振興会)会長の座にある笹川陽平(1939~)に対し、偏見のこもった冷ややかな視線を送り続けただろう。

 陽平は、良一の私生児である3人兄弟の末弟として生まれた。母と命からがら東京大空襲を生き延び、戦後は他人の家に居候して肩身の狭い思いを強いられ、16歳で良一宅に移り住んでからも奉公人扱いされた。その後いったん兄(元衆議院議員笹川堯)の籍に入り、再び母の籍に戻り、41歳のとき兄弟の中でただひとり良一の籍に入った。生まれ育ちはかくも複雑であり、恵まれていたわけでも、将来を約束されていたわけでもない。

 良一は戦前、国粋大衆党を結成し、戦時下に衆議院議員を務めた。戦後はA級戦犯容疑で収監されたが、不起訴で釈放。その後、モーターボートレースを創始し、売り上げの一部を受け取る日本船舶振興会を設立し、慈善事業を始めた。

 陽平は、そんな良一から2つの負の遺産を引き継いだ。ひとつは借金40億円。良一は慈善事業で一切の報酬を得なかったばかりか、晩年は詐欺にあうようにして財産をむしり取られていた。

 もうひとつは汚名。良一は大政翼賛会の推薦を受けずに衆議院議員に当選し、翼賛選挙の撤廃を求め、言論統制を強化する法案に最後まで反対するなど、実は反体制だった。だが、戦後のマスコミは、自らが戦争に協力した後ろめたさから業績を正当に評価せず、〈「A級戦犯」「右翼の大物」「日本のドン」などといったフレームアップ攻撃〉を続けた、と著者は書く。

 陽平が財団内の利権の排除を図るなど改革を推し進めようとすると、その偏見は異常な形の反発となって噴出する。どういう繋がりがあるのか、右翼が街宣車を繰り出して陽平の辞任を要求し、運輸省幹部を筆頭とするボートレース関係者に陽平排除を主張する文書を送りつけ、果ては何者かが陽平の自宅に銃弾を撃ち込んだ。騒動が一件落着すると、マスコミによる笹川一族批判が沸き起こった。世間を騒がせた90年代前半のそうした“お家騒動”の内幕の描写は実に読み応えがある。

 陽平が良一から引き継いだ事業の中でもっとも重要なのが、ハンセン病撲滅運動だろう。陽平はそれを自らのライフワークとし、国際的な規模で新しい治療法の普及に力を注ぎ、患者に対する差別を人権問題と捉え、国連が正式に取り上げるよう粘り強く働きかけた。今、ハンセン病が制圧されていない国がブラジル一国にまで減ったことは、陽平と日本財団の尽力を抜きには考えられない。

 著者は本書を執筆するにあたり、ハンセン病撲滅のために世界を回る陽平を同行取材したが、そこで描かれる陽平の姿は、義務感や責任感を超えた、何かに憑りつかれたような執念を感じさせる。

 陽平は著者の取材に、汚名を着せられ続けた良一を〈戦後最大の被差別者〉だと語る。その汚名を晴らさんとする執念がハンセン病撲滅運動に乗り移っているかのようだ。そしてまた、著者自身、以前からハンセン病への関心が深く、ハンセン病で早世した作家・北条民雄の評伝も書いている。そんな著者の執念も込められ、本書は渾身の一作に仕上がっている。

※SAPIO2015年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
80歳を過ぎても妻と幼児語で会話した「日本の巨魁」の素顔
日中間の不和の理由は「似た者同士との錯覚」があるから
笹川父子の歴史を辿った著書『宿命の子』を高山文彦氏が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP