ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アクションテック、MiracastとIntel WiDiに対応したスティック型ワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Mini2」を2月25日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米アクションテックが Miracast と Intel WiDi の両方をサポートしたスティック型のワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Mini2」を日本で 2 月 25 日に発売すると発表しました。価格はオープンで、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップ、コジマなどの家電量販店で販売されます。ScreenBeam Mini2 は、テレビや外部モニタの HDMI 入力端子に直挿しできるスティックタイプのレシーバー製品で、Android 4.2 以上を搭載した端末と Intel WiDi ver4 以上に対応した Windows 7 / 8 端末の画面をワイヤレスで転送できます。ワイヤレス規格は Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz / 5GHz)をサポートしており、アドホックモードにも対応しているので、Wi-Fi アクセスポイント不要で利用できます。また、HDCP2.1 に対応した著作権保護コンテンツも出力可能です。さらに、Android と Windows 向けに専用アプリが提供され、出力画面サイズや壁紙を変更できるほか、本体のファームウェアアップデートも手軽に行えることになっています。筐体サイズは 29.5mm × 98mm × 12mm、質量は 39.5g です。Source : @Press


(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、デスクの好きな場所に固定できる7インチ~11インチまでの汎用タブレットアーム「CR-LATAB13」を発売
NTTドコモ、「Galaxy Gear(SM-V700)」のソフトウェアアップデートを開始、充電問題に対処
Google、写真・動画バックアップアプリ「Odysee」の開発元を買収、OdyseeスタッフはGoogle+チームに移籍

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP