ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まるでSF】“考えるだけ”でテレビの電源オフ?!リモコン操作ができるヘッドセット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最新のテクノロジーが次々と登場し、以前は“SFの世界”の話だったような技術が、今や現実のものとなりつつある。「イメージしただけでデバイスをコントロールする」なんてシーンも、SF映画で目撃したことがあるかもしれない。

今回紹介する「Flexctrl」はそれを現実化しようという試みだ。いわば“考えただけで、テレビの電源のオンオフができる”という、リモートコントロールシステムのヘッドセットである。

私たちの脳内では電気インパルスが発生しており、その影響で磁気波に変化が生じている。長年、人類はその変化反応を測定し、研究を続けてきた。その成果は、医療や神経科学の研究、スポーツトレーニング、身体セラピー、エンターテイメントなどの数々の分野に活用されてきた。

「Flexctrl」は脳内の磁気波を読み取り、それを“ある指令”としてキャッチし、他のデバイスを操作するのに用いようというツールだ。Bluetoothを通じて、スマートフォンの専用アプリに接続する。

そしてスマートフォンを経由して、リモートコントロールに対応する他のホームデバイスを、一括操作できるようにする仕組みだ。スマート照明器具、スマート温度計からスマート家電まで、自宅内のスマートホームツールを一括操作し、“頭で考えるだけで”テレビのチャンネルを変えたり、照明の明るさを落としたり、エアコンのオンオフをしたり……なんていうことが実現できてしまうのだ。

このヘッドセットは、Qiワイヤレス給電で充電をおこなえる。現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催しており、この夢のようなデバイスの開発資金を募っている。290ドルで初期バージョンを事前予約が可能で、2500ドル~でプロジェクトのスポンサーになれるという。関心がある人はチェックしてみては。

Flexctrl

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP