ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その数4000枚超!大正時代のレトロモダンな児童絵が楽しめる「コドモノクニ作品検索」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大正時代〜昭和の1922年〜1944年にかけて児童向けに出版されていた雑誌「コドモノクニ」を知っていますか?コドモノクニは大正〜昭和を感じさせてくれるレトロモダンなタッチの絵がたっぷり詰まった絵雑誌で、童画の先駆け的な雑誌でした。

hyoushi

そしてそのコドモノクニの絵画を担当した画家は、今となっては巨匠と呼ばれるほどの素晴らしい作品を残した人たちばかりなんです。

竹久夢二、岡本帰一、武井武雄、東山魁夷などなど。大正〜昭和にかけて描かれた絵画を好きな方にとっては有名な名前ばかり。名前は知らずとも作品は観たことあるという画家たちがコドモノクニの絵画を担当していたんです。

_2015-02-09-11.15.41

そして今回紹介する「コドモノクニ掲載作品検索」では当時コドモノクニに掲載されていた4500枚を超える絵画作品を楽しむことができます。

g001

g008

g025

g022
g061

s002

g084

g006

g105

g033

g005

g088

g042

g087

今となってはアート作品としての価値も高いであろうレジェンド達の作品をぜひ堪能してみてください。レトロモダンな雰囲気が好きな方はもちろん楽しめますが、デザイナーさんなどのクリエイティブなお仕事をされている方にとっても刺激になると思います。

「コドモノクニ」掲載作品検索

コドモノクニ

関連記事リンク(外部サイト)

風呂桶ですか?いや、イスです。神代杉の素材感あふれる「KI-OKE Stool」
決定版!浮世絵や日本をモチーフにした海外作家のイラスト11選
可愛い!日本を一枚絵で表した海外発のイラスト作品が実におもしろい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。