ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

通販などでおなじみプラセンタ 何に効果があるのか医師解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 体や肌の不調が気になる更年期、テレビの通販番組で連呼される「プラセンタ」の文字と体験者の説得力ある声に、思わず“お試しキャンペーン”に申し込んだ人も多いはず。でも、そもそも「プラセンタ」は何にいいのだろうか?

「プラセンタ」とは胎盤のこと。母体で1個の小さな受精卵を、わずか10か月で平均3kgにまで成長させる驚異的な組織だ。胎児の発育に必要な生理機能や100種以上の栄養素(たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など)、酵素が含まれている。病気疾患をはじめ美容に対する効果も実証されており、更年期のさまざまな症状改善も期待されている。

『吉田クリニック』院長・吉田健太郎さんはこう語る。

「プラセンタのほとんどは動物性で、主にヒト・ブタ・ウマ由来。ブタとウマは医薬品、健康食品、化粧品に含まれ、ヒトは医療分野で注射剤として使用されます。現状、厚労省で認可されている注射剤は『メルスモン』と『ラエンネック』の2種で、前者は更年期障害と乳汁分泌不全、後者は肝疾患の場合のみ保険が適用されます。

 当クリニックでもプラセンタ治療で圧倒的に多いのが40~50代で更年期の症状に悩む患者さん。“やる気がない”“怒りっぽい”“体が重い”などメンタル面の不調が多いのですが、治療を続けるうちに気持ちが落ち着き、志向が前向きになるとともに行動も軽やかになるようです。

 散らかっていた家の中を小まめに片づけるようになったり、子供をヒステリックに叱らなくなったり…。その様子を見たご主人が、仕事のストレスなどを軽減したいと、ご家族で通われるケースも少なくありません」

 更年期障害に限らず、注射や内服によるプラセンタ療法は多くの不調を改善する効果があることが、『吉田クリニック』でも実証済みだ。例えば『吉田クリニック』の疾患治療実績では、頭痛、生理不順、不眠症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などだ。

 前述の症状(更年期障害、入汁分泌不全、肝疾患)以外は保険が適用されないが自費で行うことができるので、気になる症状がある場合はプラセンタを扱っている病院で相談してみよう。

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
眠れない、涙出る…更年期のメンタル症状に悩む女性は63.5%
100以上の症状ある更年期障害 ホルモン補充療法が一般的
ホルモン補充療法HRT 閉経後の性生活が改善する女性の例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。