ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SB松坂フィーバーで他投手は調整に集中 摂津正の投球蘇るか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球がキャンプに入って以来、もっとも見学客を集めているのはセ・リーグの球団ではない。パ・リーグのソフトバンクホークスだ。やはり、なんといっても注目は9年ぶりに日本球界に復帰した松坂大輔への注目からだろう。

 初日の囲み取材では25台のテレビカメラを集めた。球団関係者も「出した取材パスの数に驚いた」と語った松坂フィーバーは、他の投手陣にも恩恵がある。

 報道陣が松坂とともに移動するので調整に集中できるのだ。昨季、右肩筋疲労で不甲斐ない成績に終わった摂津正もその1人。

「佐藤義則投手コーチが、“もっと腕を振ればカーブのコントロールが良くなる”と熱心に指導しています。実は摂津が不調になったのは、カットボールやシュートと球種を増やして投げ方を崩したのが原因だった。本来の持ち球であるカーブやシンカー中心の投球なら、かつての投球が蘇ると期待されています」(ソフトバンク番記者)

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SB松坂の再生役 指導者に名投手が集結して「船頭だらけ」に
松坂大輔がソフトバンクを選んだ理由 2人の女房と200勝達成
日本球界に復帰の松坂大輔 8勝前後、打線の援護で2桁の予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP