ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やさしいメロディにうっとり!伝統刺繍を音楽にしたアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝統的な刺繍模様は、なぜか私たちの心を和ませてくれるもの。そんな刺繍が、新しい形でアートになった!

Soundweaving(サウンドウィーヴィング/音楽機織り)」は、ハンガリーの学生、Zsanett Szirmayさんのプロジェクト。

刺繍の模様を、音楽で表わしてみたら?という試みで、ポイントとなるのは、パンチの穴。

この穴の位置にミュージシャンのBálint Tárkány-Kovácsさんが、オーディオマッピングを施したのだという。

データは東ヨーロッパの伝統的な刺繍柄を用いているそうで、なんともやさしくなつかしい音色だ。

 

Zsanettさんは元々、刺繍を含む織物のパターンを学んでいる学生で、このSoundweavingのアイデアも機織りのワークショップに参加したときに思いついたそう。

どれも、実際の刺繍柄と合わせて聴いてみると、確かにしっくりくる。声なきものの声を聴く、そんな体験をしているかのようだ。

いろいろな国のさまざまな刺繍パターンが、どんな音を奏でるのだろうか?

ぜひとも日本特有の模様も音楽にしてもらいたい!

YouTube
melodies 01-06
http://youtu.be/LIuFFrFAOMo
melodies 07-11
http://youtu.be/4RShYeakOs4
Soundweaving
http://soundweaving.mome.hu/en/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP