ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneにシャッターボタンを搭載できるケースが大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家で、外出先で、あるいは旅行先で。何気ない瞬間をスマートフォンのカメラで収め、SNSにアップしたり、その写真を後からプリントしたりする人も多いのでは。

最近では多くの機種が性能の良いカメラを備えており、日常の写真であれば携帯1台で事足りてしまう。

このほど、そんなスマホのカメラ機能をより快適に使えるケースが、クラウドファンディングサイトのKickstarterで公開され、注目を集めている。

こちらの”Moment Case”は、シャッターボタンを搭載できるケース。

端末とはbluetoothで接続し、半押しとシャッターの2段階の動作が行える。

これにより、スクリーンのタッチでシャッターを切っていたときとは比べ物にならないスピード感で撮影が可能になりそうだ。

ケース上部の撮影ボタンを使うことによって、iPhoneの画面上では明るさを調整することができるようになる。

ネック用やリスト用のストラップも簡単に装着できるので、撮影シーンでのカメラの持ち運びもラクに。

Moment Caseは同じチームが以前に手がけたMoment Lensという高性能レンズにも、もちろん対応。

こちらはMoment LensをつけたiPhoneで撮影したという写真。

デジタル一眼レフで撮影したような仕上がりだが、Moment Caseのシャッターボタンを利用することで、より簡単にこうした写真が撮れるようになるのかもしれない。

現在、国内からだとケースのみが59ドル(約6900円/送料込)、Moment Lens込みなら135ドル(約15,800円/同)。

今回はiPhone 6/6 Plusにのみ対応だが、今後ユーザーの利用実態を調査し対応機種を拡大するという。

iPhone 6ユーザーで、カメラをよく使うという人はぜひチェックしてみてほしい。

スマートフォン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP