体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その先には何がある?進みたくなる世界の小道4選

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

狭い道を進むと、その先に何が待っているのでしょう。旅の途中で、知らない街の狭い小道を進むのは少し怖いかもしれませんね。しかし、進まないと何が待っているかわからない。興味と恐怖が入り混じった小道は、なんだかちょっと独特の雰囲気を醸し出しています。そんな魅力を持ち合わせた、ある街の小道を紹介します。

(1)ペルー/クスコ

南米ペルーの首都リマから飛行機で1時間の都市、クスコ。世界遺産マチュピチュへの玄関口であり、クスコ市街地も世界遺産に登録されています。

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

教会などが集まるアルマス広場に、ハトゥン・ルミヨック通りがあります。そこには観光客に人気の「12角の石」があり、インカ時代の素晴らしい石造技術を垣間見ることができます。人が集まるスポットなので、すぐ見つけることができるそうです。

(2)台湾/九份

Kayo 「住むように過ごす旅・台湾」より

Kayo 「住むように過ごす旅・台湾」より

映画「千と千尋の神隠し」の舞台に似ているということで、日本人観光客に人気の台湾九份。赤いちょうちんがたくさん並んでいます。昼と夜とで違う街並みの景色を見ることができます。

DSC_0235.JPG by imgdive, on Flickr

DSC_0235.JPG by imgdive, on Flickr

両サイドにお店のある狭い道を見ると、日本のお寺を思い出しませんか? 京都の清水寺や福岡の太宰府天満宮でも、このような賑わいを見ることができますよね。九份はこのような小道、光景がずっと続いています。階段もいっぱいなので、お店をのぞきながら街を散策するだけでもいい運動になりそうです。

(3)イタリア/ベネチア

Chikako Murakami 「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア」より

Chicaco Murakami 「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア」より

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy