ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NFLスター選手も震え上がる「オードリー春日の呪い」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「彼はカンベン! チームメイトもみんなイヤがってるよ。絶対に応援しないでくれ!」

 アメリカで最も人気のあるスポーツ、アメリカンフットボールのリーグ(NFL)優勝決定戦「スーパーボウル」が2月1日に行なわれた。

 全米視聴率は過去最高の49.7%をマーク。その試合直前、出場チーム「シアトル・シーホークス」の主力選手オクングは身長196cm、体重141kgの巨体を揺らして冒頭のように顔をしかめた。

「彼」とは、日本のお笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰のことだ。

 春日は相方の若林正恭と共に日大二高アメフト部出身。2010年から日本テレビ系列でNFLの試合結果などをレポートする『NFL倶楽部』のMCを務めている。

 なぜ選手が春日を嫌うのか。それは、春日が応援するチームは負けるというジンクスがファンやNFL選手の間でよく知られているからだ。

 春日は2010年シーズン開幕前、前評判の高かった強豪カウボーイズを推した。すると、チームは開幕から泥沼の連敗を続け、エースQBトニー・ロモが骨折するなどの不運に見舞われてプレーオフ出場を逃す。

 その後、春日は応援チームをコロコロと変えるが、それら4チームもすべてプレーオフで敗退した。これが“呪い”の始まりだった。続く2011年は前季王者パッカーズに狙いを定めるもスーパーボウル出場を逃す。

 2012年は特製Tシャツまで作って応援したジャイアンツが、前季王者にもかかわらずプレーオフにさえ出場できなかった。2013年にいたっては、下馬評で断然有利とされたブロンコスがスーパーボウルで大敗を喫したのだ。

 そして迎えた今年のスーパーボウル。春日は前述のシーホークスのジャージを得意気に身につけてスタジアムに駆けつけた。

 その結果、試合終了直前に勝利を確信したはずのシーホークスがまさかのインターセプトで優勝を逃した。

 昨年のサッカーW杯では同様の「ミック・ジャガーの呪い」が話題になったが、屈強なNFL選手をも震え上がらせる春日の存在感はもはやワールドクラス!?

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バレー・木村沙織 身長184cmの長身を支える美しすぎる美脚
『板東英二ジャパン』と対戦の超新星 野球の経験なかった
アサイーボウルの次にくる? 人気朝食「ピタヤボウル」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP