ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鉄道マニアの中川家・礼二 ローカル線の旅のコツを3つ伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気になる駅で途中下車したり、地元で聞き込みしたお店に入ったり、お得な格安きっぷで、時間やコースに縛られない旅を楽しめるローカル線。その魅力を芸能界屈指の鉄道マニアで、「乗り鉄」として多くの鉄道番組も担当するお笑いタレントの中川家・礼二(43才)に聞いた。

「この間は、津軽鉄道に乗ってきましたよ。雪を見ながら車内のストーブでするめを焼いたり。ローカル線は、都心の路 線にないチャレンジをしてるのがおもろいね。乗り遅れて無人駅で数時間待つ…なんてこともあったけど、それも楽しめんと(笑い)。

 やっと電車が到着したときの感動、あの哀愁、たまりませんわ。まぁせっかちには向かんかもね。忙しい世の中で、ゆったり時間を使うのは何よりの贅沢やと思います。小湊・いすみ鉄道も、ホンマのどかで好きなんですよ。いつか車掌にしてくれへんかなー」

 なお、礼二が伝授するローカル線のコツは以下の3つだ。

1:電車本数が少ないので 時刻表を携帯
2:欲張らず、余裕のある スケジュールで
3:充分に楽しむために 朝早くから行動

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三陸鉄道南リアス線 廃線心配する声に「復興の旗印に」
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
新幹線だけじゃない 注目の九州観光列車&特急列車

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP