ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版Chrome 41 Beta版にリファラーの情報量を減らして匿名化する新フラグを試験実装

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 版 Chrome v41 のベータ版に HTTP ヘッダーのリファラー情報を減らして匿名化を図る新フラグを試験的に導入したことが明らかになりました。新たに追加された「reduced-referer-granularity」は、あるページから別のページにリンクを踏んで移動した際に、移動先サイト(のサーバ)に伝える移動前のページ URL をリファラーと言いますが、このリファラー情報を減らす機能を提供します。このフラグを有効にするメリットは、完全な URLではなく情報量を減らした URL をリファラーにできることから、例えば、会員サイトやショッピングサイトのセッション ID などの個人や取引を識別でき得る情報を移動先サイトにログとして残さないでおけることです。ただ、フラグ画面には、リファラーの取扱いに関するポリシーが設定されていない場合のみ機能するので、常に匿名化できるわけではなさそうです。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
バックカバー・TPUケース・スペアバッテリーが付属する「Polaroid pigu スターターセット」が数量限定で発売
BIG Notifications : 通知内容が小さくて見づらい場合に役立つ通知を拡大表示するAndroidアプリ
Qualcomm Snapdragonの新型番「MSM8956」「MSM8976」「MSM8952」の情報が伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP