体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

来年こそは絶対行きたい!1月でも熱いオーストラリアデー!

1

写真:Erika Anne Nagaoke「世界遺産間近にクルージング」より

Hi everyone!! TRiPORTライターのErikaです。
現在シドニーでワーキングホリデー中。ここオーストラリアでは毎年1月26日は、国民の祝日「オーストラリアデー」と定められています。子供から大人まで、皆がオーストラリアを祝う日。私も現地の人と一緒にお祝いをしました。過ごし方は人それぞれ。仕事をする人もいれば、パーティーを楽しむ人も。今回は一例として、私や友人の過ごし方についてご紹介したいと思います。

働けば、時給が2倍!

そもそもオーストラリアデーとは何でしょうか?
1788年1月26日、船長フィリップを筆頭にイギリスからの艦隊がオーストラリアに上陸。イギリス人による初の植民地が誕生しました。それを記念に、このオーストラリアデーが定められたそうです。
ところで、私は当日、夕方まで働いていたのですが、なんと時給が約4000円。普段と比べると倍になっていました。全ての勤務先がダブルペイ制を適用するとは限りませんが、普段の給与にいくらかプラスされるところがほとんどのようです。この制度で私はかなりモチベーションが上がりました!

2

写真:Erika Anne Nagaoke「女子旅☆海外旅行の思い出に~シドニーの穴場な動物園」より

家族とリラックスする日

3

写真:Erika Anne Nagaoke「シドニー高層レストランBAR◆厳選2店」より

オーストラリアデーはクリスマス同様、家族とのんびり過ごす人が多いと思われます。少なくとも私の周りでは、家族でランチやディナーに出かける友人が多くいました。「What did you do on Australia day?(オーストラリアデーに何したの?)」と問いかけると、「Just chilling with my family.(家族とリラックスして過ごしたよ)」と答える友人ばかり。家族との時間は特に重要視されているようです。

友達とホームパーティー

シドニーでは頻繁にホームパーティーが開かれます。私も毎月一回は呼ばれますね(笑)。オーストラリアデーには大規模な(約100人)ホームパーティーをする友人もいました。学校の友人同士で集まり、家で食べたり飲んだりして過ごす人々も多かったです。オーストラリアの家は広々としているところが多く、バーベキュースペース、またはプール持ちの家なども見られます。家にプライベートプールがあるなんて、贅沢ですね!

4

写真:Erika Anne Nagaoke「海外のホームパーティー」より

ビーチでのんびり

5
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy