ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『中国嫁日記』作者 フィギュアで経営危機を立て直すと決意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国人妻・月(ゆえ)さんとのカルチャーギャップ満載な夫婦生活を描いた人気エッセイマンガ『中国嫁日記』(KADOKAWA エンターブレイン)作者の井上純一氏が、新ブログ『月サンは困ってます』で会社の金銭トラブルに巻き込まれたと告白した。「80万部作家なのに無一文」だと笑う井上氏に、経営危機に直面している会社の再建計画についてきいた。

 * * *
――社長をつとめる銀十字社の今後の事業計画を教えてください。

井上純一(以下、井上):1月はピンチでしたが、なんとか山を越えました。今のところは『中国嫁日記』4巻が出て一息つき、月のフィギュアと同人誌総集編の再販が命綱です。

――昨年9月に会社のお金が無いと気づいた後、同人誌の再販はすぐ決めたのですか?

井上:委託販売しているショップ「とらのあな」さんから提案されて、初めてその方法に気づきました。同人誌関係からのお金を会社の資金繰りにあてることは想定していなかったんです。会社を回すには、せめて売れそうな仕掛品、版権をとったのに製造していない有名ブラウザゲームの人気キャラクターフィギュアなどを販売すること以外は思いつきませんでした。そのための資金をつくろうと考えていたんです。

――同人誌の再販と同時に発表された月さんフィギュアの販売目標は?

井上:「とらのあな」さんのご厚意で販売数を3000個まで増やしてもらっています。普通なら1500個なんです。でも、多めだというのに財政的なピンチはあまり変化しない。というのも、金型代金を甘く見積もっていたらしくて値段のつけ方を間違えたんです。

――かつては同人フィギュアの制作をされていたんですよね?

井上:これまで、同人フィギュアも含めて値段をつけていたのはフィギュア部門担当スタッフだったんです。今、そのスタッフはいないから、自分でやらないとならない。会社の仕事はマンガ部門もフィギュア部門もすべてできると自負していますが、値つけだけはやったことがありませんでした。

「とらのあな」の店舗特典として『中国嫁日記』4巻におまけでつけたマンガに「月さんフィギュアは1500個売れないと赤字」と描きましたが(※誌面に1700個とある箇所は誤植)、実際には1500個だとまだ100万円くらい損しています。

――月さんフィギュアの値段は、どうやってつけたんですか?

井上:自分がユーザーだったら5000円以上は出さないなという感覚で値段をつけちゃったんです。同業者が呆れて、原価を入れると販売価格が出る計算式を教えてくれました。それを使って損益分岐点をみて、値段を導き出すという使い方まで。次回からは間違えません!

――フィギュアについても、これまでと同じような売り方では事業再建と継続に追いつかない可能性がありますね。

井上:これまではフィギュアの宣伝は自分のブログでしてきませんでした。マンガを描くことで稼ぐのに専念していたので。でも、そうも言っていられないのでフィギュアについてもブログで積極的に触れていきます。フィギュアを作る過程、傾いた会社をなんとかたて直していく過程をマンガにしていくしかないという状態に追い詰められたんです。

――会社経営において必要なのは、どんな資質だと思いますか。

井上:パターン認識の力でしょう。これはお金儲けがうまい人に多いですね。堀江貴文さんがお金儲けがうまいのは、パターン認識の力が超越しているから。この現象は、どこかで見たことがある。これはあれと同じだと即座に気がつく能力が卓越しているんです。

 孫正義さんもそうだと思います。だって、14年前の売上がほぼゼロだったアリババに、肝心の当事者が遠慮しても20億円ぽんと出して、14兆円に化けさせるんだから。他の人にはわからないパターンを見つけていたのだろうと思います。

――パターン認識の力は養えるものなのでしょうか?

井上:ある程度までは可能でしょう。でも、ある一線を超えようと思うと能力の部分も大きい。逆にこの能力を持っている人は、人間関係ですら数値で認識しがちで世間の反感を買うこともある。私の場合、現実の人間関係そのものが少ないので実生活で人を数値化しませんが、評論家気質のオタクなので共通するところはあります。

――そういった分析気質ではない経営者はありえますか?

井上:アップルのスティーブ・ジョブズをはじめ、伝説の経営者と言われる人は分析の人ではなく、創造の人たちが少なくないと思います。クリエイターなんですね。自分が考えた製品によって世の中が変化し、新しくなる物語が見えていた。私はそちらではないですね。

――でも、マンガを描いているのだからクリエイターなのでは?

井上:エッセイマンガしか、たぶん描けないので違うでしょう。日中関係をキャラに置き換えてマンガにしたり、それなりの絵は描けるけど、それはテクニックであって、すごく旨い素晴らしい絵は描けない。まったくの白紙からリアリティのあるキャラクターを生み出せないんです。『中国嫁日記』は、当たり前ですが実際にその人がいて生活している日常をベースにしているから、リアルな物語を感じてもらえるんです。

――値段など不安もありますが、会社経営は改善していきそうですね。

井上:もしも、これから銀十字社という会社から出るフィギュアが一体も売れなければ、お先は真っ暗です。でも、80万部作家が無一文になって、その過程をマンガにするのなら、うちの商品に興味を持ってもらえるのではないか。そこに光明があるのではと思っています。

 あと、私が監修する限りそんなにひどいフィギュアにはならない自信があります。それは、今までの同人フィギュア、とくに、5年以上前につくった最後の作品、ファイナルフィギュアの出来を見てくれれば納得してもらえるかと。あのころよりも技術力も上がっていますから、手もとに置いて満足できるフィギュアをつくっていきますよ。

■井上純一(いのうえじゅんいち)1970年生まれ。宮崎県出身。漫画家、イラストレーター、ゲームデザイナー、株式会社銀十字社代表取締役社長。多摩美術大学中退。ひと回り以上年下の中国人妻・月(ゆえ)との日常を描いた人気ブログ『中国嫁日記』を書籍化しシリーズで累計80万部を超えるベストセラーに。2014年から広東省深セン在住。著書に『月とにほんご 中国嫁日本語学校日記』(監修・矢澤真人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス)など。最新刊は『中国嫁日記』4巻(KADOKAWA エンターブレイン)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フィギュアをゴミに出された夫「燃えるじゃなく『萌える』」
ソチ五輪 フィギュアのペアとアイスダンスは何が違うのか?
山本浩未氏 ハマり歴はベルばら、宝塚、韓流経てフィギュア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。