ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】ギリシャと国際支援団の交渉行方に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、2月9日~2月13日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、ギリシャ反緊縮政権と国際支援団との交渉、G-7財務相・中央銀行総裁会議、欧州連合(EU)首脳会議などを見極める展開となる。2月末のギリシャ金融支援プログラムの期限に向けて、ギリシャ反緊縮政権による緊縮措置の緩和、債務減免交渉が決裂した場合、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念、ギリシャのユーロ離脱への懸念が高まることになる。

 また、2月15日前後は、米国債の利払い・償還を受けた本邦機関投資家のリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)、そして、3月末決算に向けたヘッジファンド解約45日前告知ルールによる円・キャリートレードの手仕舞い(円買い要因)に警戒することになる。

 しかしながら、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額(23%⇒40%)への期待は大きく、ドル・円の下値は限定的だと予想される。

【G-20財務相・中央銀行総裁会議】(9-10日)
 G-20財務相・中央銀行総裁会議では、今年に入って、ユーロ圏、インド、オーストラリア、中国、カナダなど10カ国以上が金融緩和に踏み切ったことを受けた通貨安戦争、原油価格下落を受けたディスインフレ懸念への対応策などが協議されると予想されている。

 日本銀行と欧州中央銀行(ECB)は、輸入インフレを目指し、米国連邦準備理事会(FRB)とイングランド銀行(英中央銀行)は、ディスインフレを輸出しているという対立軸のせめぎ合いに要警戒か。ルー米財務長官は、日本銀行の量的緩和策を支持していることで、円安への牽制は議論されないと予想されている。

【米国債償還・利払い&ヘッジファンド解約45日前告知ルール】(13日頃)
 2月15日前後は米国債の償還、利払いを受けて、本邦機関投資家のリパトリによる円買い圧力が強まる。また、ヘッジファンドは、3月期末の解約45日前告知ルールで、円・キャリートレードの手仕舞いによる円買い圧力を強めることが予想されている。

【欧州連合(EU)首脳会議】(12-13日)
 欧州連合(EU)首脳会議では、2月末に期限を迎えるギリシャの救援プログラムに関して、ツィプラス・ギリシャ首相とEU首脳との協議を見極めることになる。ツィプラス・ギリシャ首相は、8日の議会演説で救済条件に反対する立場を堅持すると表明し、内閣信任投票の審判を受けることになっており、結果次第では、EU首脳会議での協議が難航する可能性が高まることになる。

 ギリシャ反緊縮政権とトロイカ(欧州連合・国際通貨基金・欧州中央銀行)との緊縮財政措置の緩和、債務減免などの交渉が決裂した場合、ギリシャがデフォルトに陥る可能性に警戒することになる。

 2月9日-13日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)12月経常収支 9日(月)午前8時50分発表
・予想は、+3586億円
 参考となる11月実績は+4330億円。貿易・サービス収支の赤字縮小や第1次所得収支の黒字幅拡大によって経常黒字額は予想を上回った。12月については、原油価格の下落によって貿易赤字額の縮小が予想されること、旅行収支や第一次所得収支の黒字継続が見込まれており、市場予想は妥当な水準か。

○(日)1月国内企業物価指数 12日(月)午前8時50分発表
・予想は、前年比+1.1%
 参考となる12月実績は、前年比+1.9%で物価上昇率の鈍化が続いている。石油・石炭製品価格の下落が要因。円安進行によるコスト転嫁の動きは出ているが、石油製品価格の下落が続いていることから、1月の企業物価上昇率はさらに鈍化する見込み。

○(米)1月小売売上高 12日(木)午後10時30分発表
・予想は、前月比-0.4%
 参考となる12月実績は、前月比-0.9%で市場予想を大きく下回った。ガソリン価格が下落した影響もあったが、大半の品目で売上高は減少した。1月については反動増の可能性はあるが、ガソリン価格の下落などで小売売上高は2カ月連続で減少する見込み。

○(米)2月ミシガン大学消費者信頼感指数 13日(金)日本時間14日午前0時発表
・予想は、98.1
 有力な判断材料となる同指数の1月確報値は98.1で2004年1月以来の高水準だった。雇用や賃金の見通しに関して、楽観的であることが反映されたもよう。2月については、労働市場の改善が続いていることや経済拡大への期待があることから、高水準を維持するとの見方が多い。

 主な発表予定は、9日(月):(米)1月労働市場情勢指数、10日(火):(米)12月JOLT求人件数、12日(木):(日)12月機械受注、(米):12月企業在庫

【予想レンジ】
・米ドル/円:115円00銭~120円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ギリシャ危機に対処するEU首脳に関するジョークを3つ紹介
遠藤保仁が語るW杯ギリシャ戦攻略法「縦パスを多用すべき」
欧州経済 喩えるならばアリはドイツ、キリギリスはギリシャ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP