ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタインデーが「カップル破局」のきっかけに? 米大学が2つの可能性を指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月14日はバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレートを贈るイメージが強いのですが、米国では男性の方から、恋人やパートナーに花束や宝石などのプレゼントを贈ったり、レストランでロマンチックなディナーを楽しんだりというのが定番のようです。

しかし、それが功を奏するとは限りません。ある調査によると、バレンタインデーを挟んだ前後2週間は他の日に比べて、なんと「カップルが別れる確率」が2.5倍も高いということが分かりました。それはなぜなのでしょうか?(文:沢水 蛍)
「期待外れのデート」が関係にキズもたらす

この調査は、アリゾナ州立大学によるもの。2月に破局するカップルは他の月に比べて圧倒的に多く、13%という確率です。ちなみに2番目に高かったのは4月の7.4%で、9月の4.2%、11月の5.1%と続きます。

記事では、バレンタインデーが直接の原因とは言えないかもしれないとしながら、2月の高さについて2つの可能性を指摘しています。1つ目は、バレンタインデーが2人の関係性になんらかの障害を与えてしまうおそれです。

例えば、バレンタインデーのプレゼントに思いやりがなかったり、デートがあまりロマンチックではなかったりして、期待外れのバレンタインを女性が過ごしたとします。しかし、自分が求めていた完璧なバレンタインデーを友だちが過ごしたと聞いたりすると、自分のパートナーと比べてしまい、2人の関係にキズが入ってしまうというわけです。

2つ目の可能性は、それまで抱えていた2人の問題をバレンタインデーがよりはっきりさせ、破局へと導いてしまうおそれです。うまくいっていないカップルにとって、バレンタインデーはとても憂鬱な日となり、破局を決定づける大きな要因にもなるのです。

なお、米国のクリスマスは日本のように「カップルが愛を誓う日」ではないので、このようなことが起こらないようです。ただ日本では、女性からのプレゼントに男性側がどう反応するかで、トラブルが起きうるのかも。お互いを思いやれる1日になるといいですね。

(参照)Here’s why Valentine’s Day ruins relationships (BUSINESS INSIDER)

あわせてよみたい:「年収1000万超」でも可愛い彼女できないの?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。