ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異業種からのタレント転身 成功のカギは芸人からのツッコミ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 異業種からタレントに転身する人の活躍が目立っている。元テニス選手・松岡修造(47才)の人気は挙げるまでもないが、スポーツなどほかの分野で注目を集めた人が芸能界でブレイクする例は少なくない。彼らがタレントとして多くのテレビ番組に求められるのはなぜか?

 今も昔も多いのは、スポーツ選手からの転身組だ。例を挙げれば、サッカーの武田修宏(47才)、野球の長嶋一茂(49才)、バレーボールの川合俊一(51才)、ボクシングのガッツ石松(65才)、具志堅用高(59才)など。彼らは今ではスポーツ選手としてよりもタレントのイメージが強いほど、すっかり人気は定着している。

 最近では、プロゴルファーだった古閑美保(32才)、シドニー五輪柔道銀メダリストの篠原信一(41才)、プロスケーターに転向した織田信成(27才)がテレビ番組で引っ張りだこだ。古閑はテレビで失恋トークをするなどぶっちゃけキャラで人気。篠原は見た目の強面とは裏腹の関西弁の軽妙なトークがウケていて、織田は泣き虫キャラが話題だ。

 コラムニストのペリー荻野さんは「芸人に突っ込まれるかどうかで、タレントとして売れるかどうかが決まる」と言う。

「古閑さんのように恋愛トークを繰り広げたり、篠原さんのように本音をガンガン言っちゃったり、ということで現役時代とのギャップが出ることで視聴者の興味が生まれます。織田さんの泣き虫キャラはもはやテッパン。そういう話って、ダウンタウンの浜田雅功のようなお笑い芸人に“何言ってんねん!”と、突っ込まれるネタになりますよね。周りから突っ込まれるネタを提供できるかかどうかというのは非常に重要です。

 さらに、いじられやすいキャラクターであるということもポイントです。これまで売れてきている人は松岡修造さんをはじめ皆、そうですよね。松岡さんなんて、突っ込みどころ満載です。実績のある人ほど、突っ込まれるとさらにギャップが生まれるので、笑いになりやすいと思います。いじられる=愛される、とも言えますから」(ペリー荻野さん)

 スポーツ以外では国会議員出身で、現在はタレントとして活躍中の杉村太蔵(35才)がいる。杉村は2010年の参議院選挙落選後、『サンデー・ジャポン』(TBS系)出演を機に、タレントとしての仕事が殺到。昨年10月に出版した初著書『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』も売れている。

「彼は“元政治家”というのをうまく利用している。『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)で珍百景党の党首として各地を回る番組はもちろんですが、何をやっても”元国会議員がやっている“という打ち出し方ができる。つまり、絶叫マシンに乗ったら、“そんなことまでやっているの!”と思われるし、政治家時代の裏話をすると“そこまで言って大丈夫?”と関心を持ってもらえる。“元政治家”ということをつねに感じさせているので、視聴者をいつまでも飽きさせないのです」(ある放送作家)

 杉村も、バラエティーではいじられやすいキャラクターだ。爆笑問題に“薄口評論家”と命名されたことがブレイクのきっかけだったと杉村は先の著書の中で明かしている。サンジャポでも、発言するたびに共演者から突っ込みが入り、“笑い”につながっている。芸人らに突っ込まれやすいというのはやはり、売れるために必要な要素のようだ。 

 別の放送作家は、異業種から転身して活躍できるタレントの特徴についてこう語る。

「ひとつの分野の第一線で活躍していた人は、そもそも名前と顔が知られているので視聴者に受け入れられやすい。トークへの反射神経というか切り返しがうまい人が多いのも重宝がられる理由のひとつです。タレント性がある人が多いんですよね」

 一方で、なかなか思うように活躍できない人もいる。ビッグダディ(林下清志・49才)、美奈子(31才)は『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)で注目を集めた元夫婦。美奈子は著書がベストセラーとなり、映画化もされた。その後、2人とも芸能活動をスタートさせたが、美奈子は昨年末の番組で仕事が激減していることを明かした。

「彼らの場合、『痛快!ビッグダディ』に出演して、著書を出して、自分たちの“個人情報”をすべて出し切ってしまった感がある。スポーツ選手出身の人は、その分野で実績を残したり、ほかの人が知らない経験をしたりしていて、それがトーク番組などでの引き出しになっている。彼らの場合、それをすべて使い切ってしまったという感じ。

 元スポーツ選手とか元国会議員といった活動のベースがないので、芸人が鋭く突っ込んでも、元一般人の彼らを追い詰めている感じに見えてしまうので、なかなか笑いになりにくい。それがタレントとして今ひとつ伸び悩んでいる一因でしょう」(前出・ペリー荻野さん)

 異業種から浮き沈みの激しい芸能界に転身したものの、生き残れる人とそうでない人がいる。そこにはちゃんと理由があるのだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松岡修造熱血語録 分娩室の妻に「勝負だ、勝負に出ろ!」
杉村太蔵 大学中退、就活失敗、時給800円清掃員時代を語る
高嶋政伸と泥沼離婚の美元 年下投資家と再婚すでに出産も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP