ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・夢枕獏氏 「ペンと手と脳が響きあうから作品書ける」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 文具通として知られる作家の夢枕獏氏に「最愛の文具を見せていただきたい」とお願いしたところ、出てきたのは3つのセルロイド製ペンケースだった。

「一番大きいのが、人生で最初に使った初代ペンケースです(写真中央)。小学校に上がるときに買ってもらいました。裏面に僕の字で“1ノ五“ってクラスの名前が書いてあるのが分かる(笑い)。あの頃、筆箱といえば必ずセルロイドだった。その質感が大好きで、この初代はフタが欠けて壊れてしまっても、ずっと取っておいたんです。こちらの2代目(写真左)は、小学校高学年から中学生まで使っていました」

 3代目(写真右)との出会いは10年前。旅先の骨董屋で「初代」とそっくりの質感と色合いのものに偶然出会ったのだ。

「フタの“PENCIL CASE”のロゴが初代と同じ。おそらく同じメーカーのものですね。長く文具を愛用していると、こんな不思議な出会いがあるからたまらない。年齢を重ねたからか、こういう古い文具の味が分かるようになり、どんどん愛着が増しています。今もっとも活用しているのは3代目。寝室の座卓のペン入れになっています」

 夢枕氏のいう「ペン」とは万年筆のこと。現在も手書きで執筆する氏は、愛用の万年筆についてもこだわりがある。

「ここ30年ほどはセーラーの『プロフィット21K』を使っています。20代の頃、初めて買ったのはシェーファーでしたね。高価なモンブランの書き味は最高ですが、2本もなくしてしまって。セーラーも5本以上なくしていますが、モンブランほど腹が立たないんです(笑い)。原稿用紙も、セーラーのペンを滑らせたときにベストな相性のものを選んでいます」

 筆圧が強いため、シャープペンシルでは芯が折れてしまう。鉛筆ではFAXで原稿を送信したときに読みにくい。ボールペンでは字に抑揚がつかず、時にダマが手で擦れて原稿用紙を汚す。その点、万年筆であれば力加減で太さを調整できる。20年前、インクの色をブルーブラックから濃いめの黒に変えた。

「自分の心情と、書かれた文字の視覚的イメージがピタッと重なると、原稿がはかどっていると感じます。執筆の流れに、その連携はとても重要なんです。ペン先で紙をこする感覚が、脳に色々な信号を送って次の表現を考えている。このペンと手と脳が響き合うから、僕は作品を書き続けていられるんです」

 夢枕氏は、創作と文具の関係は確実にある──と結んだ。

◆夢枕獏(ゆめまくら・ばく):「魔獣狩り」「闇狩り師」「陰陽師」シリーズなどで、人気を博す。2011年に上梓した『大江戸釣客伝』は泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞を受賞。2012年に同作で吉川英治文学賞を受賞した。日本SF作家クラブ会員。

撮影■木村圭司

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
懐かしの70年代ヒット文具 ロケットペンシル、暗記ペンなど
恐竜型キャラ文具「ポケットザウルス」初年度で500万個販売
スーパーカー消しゴム 教師持込禁止も生徒は「文具だ」と反論

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP