ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮部みゆき新刊は世界崩壊のサインに警鐘を鳴らすエンタメ作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『悲嘆の門(上・下)』宮部みゆき/毎日新聞社/各1600円+税

〈人間は《概念》などという形のないものと闘うことはできない。ただそれに染まり、それに呑み込まれるばかりだ〉。連続して発見される身体の一部が欠損した死体の話題で盛り上がるネット空間。電脳世界のあらゆる情報を監視する会社でバイト中の大学生・孝太郎は、ある手掛かりに辿りつく。一方、新宿の廃虚と化したビルの屋上に忽然と現われる“ガーゴイル像”。当たり前の日常の蓄積が孕む世界崩壊のサインに警鐘を鳴らすエンタメ巨編。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
岩手 民宿屋上の遊覧船は撤去されたが鳥居は倒壊したまま
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP