ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乗り鉄に聞いた鉄道お得旅 運賃30%OFF購入法や激安車窓旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 買い方次第で運賃30%OFFになったり、150円以下車窓の旅をたのしめたり、意外と知られていない電車の楽しみ方を「時刻表博士」の福岡健一さんに聞きました!

 まずは、150円以下で楽しめる! 車窓&エキナカの旅をご紹介。

 JRの大都市近郊区間を 意外な方法で格安で楽しめるのはコレ。一筆書きの要領で、近郊をぐる~っと回るだけの旅だが、重ならず交わらない経路を回り、最後は出発した駅の隣の駅に 戻れば、どの経路かにかかわらず最も安い運賃で乗れる。ただし駅構内からは出られない。車窓や近年充実のエキナカのショッピングやグルメを楽しむ旅だ。

(例1) 房総半島一周車窓の旅(140円)
START:東京(京葉線)→蘇我(内房線)→安房鴨川(外房線)→大網(東金線)→成東(総武本線)→錦糸町(総武緩行線)→秋葉原:GOAL

(例2) 関東近郊一周車窓の旅(140円)
START品川(東海道本線)→茅ケ崎(相模線)→橋本(横浜線)→八王子(八高線)→川越(川越線)→大宮(高崎線)→高崎(両毛線)→小山(水戸線)→友部(常磐線)→上野(山手線)→田町:GOAL

 続いて、買い方によって30%も運賃が安くなるという、お得なチケット入手方法とは。

 新幹線や特急を利用するなら、駅窓口よりPCや携帯でのチケット購入が断然安い。PC・携帯からの登録で購入できる「えきねっと」なら、特急・新幹線が30%OFFになることも。「おサイフケータイ」等対応のモバイルSuicaは、携帯端末でチケットを購入してタッチ&ゴーで乗れる「モバトク」「スーパーモバトク」がお得。

(例) 東京~新潟間(正規の運賃は1万570円)
えきねっと「お先にトクだ値」購入で → 7390円で<3180円お得>
スーパーモバトクで購入で → 8690円で<1880円お得>
モバトクで購入で → 9670円で<900円お得>

 さらに、片道101km以上であれば途中下車もOKというお得な乗り方を聞いた。

 JRの乗車券は原則101km以上の長距離(都区内等除く)なら、途中の駅で降り、いったん改札口の外に出ることが可能(日をまたいでOK)。例えば、東京都区内から大阪市内までの乗車券は、8750円で4日間、後戻りしない限り、川崎駅から吹田駅までのすべての駅で、何度でも途中下車OKなのだ。

(例)東京―大阪市内4日間8750円の旅
1日目
東京を出発し、小田原で観梅して熱海泊
2日目
静岡でB級グルメ「遠州焼き」を食べ、浜名湖付近で宿泊
3日目
味噌カツを堪能し、名古屋の夜を満喫
4日目
関ヶ原で歴史に触れたあと大阪へ

 また、関東から東北へいくならJR東日本の「驚値」(おどろきダネ!)が断然お得。往復の新幹線・JRと、宿泊(食事なし)がセットになった、乗車できる列車限定の格安パックだ。その名の通り、驚きの値段で東北の旅が楽しめる。

(例)東京―秋田1泊の旅
<新幹線・こまち>往復3万3620円+<ホテルメトロポリタン秋田>ツイン1泊で1万180円。通常価格合計4万3800円は「驚値」なら半額以下の2万600円だ。ただし、乗車できる列車は限定で、最小催行人数は2名なのでご注意を。
 
※女性セブン 2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元新幹線運転士の著者ならではのエピソードが満載された本
新幹線建設の歴史を振り返り新幹線網整備が急務と提言した本
大阪・神戸・姫路の3都市を一度に安く観光するJRの裏技

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP