ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungの新型スマートフォン・タブレットとみられる「SM-J190G」「SM-Z910F」「SGH-N520」「SM-T815」の存在が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の新型スマートフォン・タブレットとみられる型番「SM-J190G」「SM-Z910F」「SGH-N520」「SM-T815」がインド Zauba の輸出入データベースに登録されていることが判明しました。どれも評価・検証目的でインド国内に輸入されているので、実際に発売されるのかや発売時期は不明です。SM-J190G は、最近発売されたエントリーモデル「Galaxy J シリーズ」の一つとみられます。型番的には Galaxy J の中でも大画面の上位モデルになると予想されます。SM-Z910F は、SM-Z130H が Tizen を搭載した Samsung Z1 なので、おそらく Tizen スマートフォン。型番の数字が高いことからハイスペックモデルと予想されます。SGH-N520 は、NTT ドコモ向け機種の Samsung 型番を採用していますが、SGH-N 型番の機種は他にもあるものの、未発売のものが多いことから、この機種も実際に発売されることには疑問を覚えます。SM-T815 については、SM-T800 / SM-T805 が Galaxy Tab S 10.5 なので、その改良版、あるいは後継と予想されます。Source : Zauba


(juggly.cn)記事関連リンク
MMD調査 : スマートフォンカメラで毎日撮影する人は9.4%、自分撮りする人は21.1%(うち自分撮りスティック利用者は14.2%)
日本通信、VAIOスマートフォンの発売で異例の短期バイトを40名募集
ZTE、今度はiPhone 6 Plusっぽい「Blade S6 Lux」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP