体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発信し続ける夫婦「旅する鈴木」に旅とはなにかを聞いてみた

「旅する鈴木」Aboutページより

「旅する鈴木」Aboutページより

みなさんは、こちらの映像に出てくる国がどこか分かりますか?

「旅する鈴木」公式ページより

この映像は、クリエイター鈴木陵生さんが手がけた作品で「旅する鈴木」というサイトに上がっています。鈴木さんは、現在世界一周中。毎日一本、奥さんと旅の風景の映像を撮影し、アップすると決めて仕事をしながらご夫婦で旅をしています。

鈴木さんが感じる「旅をする」ということ、そしてそこから広がっていく世界や景色は、いったいどんなものだったのでしょうか。一時帰国中の鈴木さんに、お話をうかがいました。

補完し合いながら進む、夫婦での旅

── 現在、一時帰国中ということですが今までどういった旅をされてきたか改めて教えていただけますか。

もう2年半くらい旅をしているんですが、途中モロッコに入ったあたりで資金が尽きて帰国しました。その時は3ヶ月くらい仕事をしてお金を貯めてからモロッコに戻り、そこから半年くらい滞在しました。

当時『電波少年』に憧れていて、国境を、「せーのっ!」で飛び越えるあのシーンを自分もやりたくて(笑)。昔ひとり旅をしたとき、タイとラオスの国境でそれをやって、目的を達成できたんですけど「もっといろんな国を見なくちゃ」と欲が出てきました。

旅する鈴木

旅をしていると、旅人ってどこへ行っても常にお客さんなので、お金を使う人として現地の人は接してきます。でもそれじゃあつまらないから、住んでみないとおもしろさはわからないんじゃないかと思って、カナダへワーホリに行ったこともありました。世界一周には、ワーホリからも帰国して、転職のタイミングで出発しましたね。

── モロッコに半年も滞在していたのはどうしてですか?

出会いが重なったのが理由ですね。『モロッコの迷い方』というサイトを作っていらっしゃる、モロッコ在住の和田麻弥さんという日本人女性がいるんですが、彼女との出会いからモロッコ名産品のバブーシュの製作工場の映像を撮影させてもらえることになったんです。

革の仕入れから見ることができるんですが、工場のあるエリアはスラム街でもあったので撮影が難しいんです。しかし、和田さんや現地の方の助けを借りて、映像を作ることができました。

── ご夫婦で世界一周をしようというのはお二人で決めたことなんですか?

ワーホリに行っているあいだの2年間は遠距離恋愛でしたが、「世界一周する!」と僕が言ったら、さすがにもう離れたくないからついていくと彼女が決断しました。

── 夫婦で旅をするというのはどういう感覚ですか?

試練のような気がします(笑)。これから人生を共にする人と、ずっと一緒にいられるかを試されているような感覚でしたね。乗り越えられたら、ずっとやっていけるだろうなと思いますが。24時間、365日一緒にいると、わかりすぎるくらい相手のことがわかってくるんですよ(笑)。

── 夫婦というコミュニティはすごく生活感のあるものだと思いますが、そこへ旅という非日常であるものが加わったとき、帰ってきたときと旅の最中とでギャップはあるんでしょうか。

僕にとっては、一緒かもしれないです。旅をしているうち、だんだん役割分担ができてきて、お互いそれぞれできることをがんばるということが自然とできているかなと。「旅する鈴木」というのはユニット名なので、どういう旅をしているかを発信するのが僕の役割で、旅のルート決めや炊事洗濯は彼女がやってくれています。そのおかげで、僕は映像をアップし続けられるし、助けられていますね。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。