ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「親戚の葬式」で休みまくり社員 社内のアダ名は「殺し屋」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「休み方」にも社会人としての技量が問われます。OLさんたちによると、最悪なのは“殺し屋”と呼ばれる社員たち。「田舎の祖母の葬式で…」「親戚の叔父が亡くなって…」というのは序の口、最近は「開き直り組」も多いんだとか。“ずる休み申請”も、休み休みいえ!?

ちか(外資・30歳):ウチの会社、長期休暇を取ることを「ロンバケ」っていうの。

ゆみ(建設・28歳):ゲッ。1990年代のトレンディードラマかよ!

ちか:でしょ? で、繁忙期とかに部署全員宛てに「ロンバケ、いただきます」とかメールが来ると、イライラする~。

あいこ(メーカー・27歳):「休み方」一つに、OLとしての技量が問われるよね。

みり(サービス・28歳):最悪なのが見え透いた言い訳シリーズ。

さき(金融・24歳):定番は「親戚死亡」だよね。

ちか:ウチにもいるよ。遠方に住む祖父母や叔父叔母の葬式だといっては休み、同僚から「殺し屋」っていわれてるのがw

ゆみ:それが、マジな人もいるから区別が難しい。ウチの後輩なんて、去年、「父が死んで…」といった3か月後に「母が死にました」。さらにその2か月後に「ペットの犬が死んで」と連絡があったときは、部内騒然。もちろん休んでもらったけど、すっかり「不幸を呼ぶ男」扱い。

みり:タチが悪いのが、もっと手の込んだウソをつくヤツだよね。「貝にあたった」だの「魚の骨が詰まった」だの。

ちか:最高だったのが、「朝ベッドから落ちてそのまま意識不明でした」って同僚の男。じゃあ、なんで今、アンタは平然と生きてるんだって話w

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
超非常識男 ソバ屋に入り「この辺に美味しいソバ屋ない?」
30歳の太めOL 社内のアダ名「クォーターパウンダー」に
社内で肉を焼く男、女係長を刺す男などお騒がせ社員たち

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP