ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新日・中邑真輔 芸術としてのプロレスが認知されると嬉しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 直木賞受賞作家の西加奈子さんや、犬山紙子さんもハマっていると話題になっているのがプロレス。プロレス=男性が熱狂するエンターテイメントという発想を覆す、「プ女子」が増加中だ。そのプ女子から高い人気を誇るのが新日本プロレスの中邑真輔(34才)だ。

 屈強な体に、奇抜な髪形。独特のフェロモンを放つ中邑だが、女きょうだいの中で育った子供の頃は弱い子だったという。

「女性に囲まれて育ち、泣き虫だったので小さい頃から男らしいものに憧れていて格闘技を始めたんです。ケンカで強くなりたいというより、心の弱さを克服したいって感じでした」

 こう話す中邑は中学生からプロレスラーを夢にし、高校生からアマチュアレスリングを始めた。その一方、大学ではレスリング部以外に美術部も掛け持ちしていた。

「そういう気質があったのか、小さい頃から美術に親しんでいました。大学3、4年生になると単位も取り終えて時間があるから、練習時間以外は美術部にいました」

 昨年は、その腕を買われて、ジャーナルスタンダード(セレクトショップ)のサッカーW杯Tシャツもデザインした。しかし、「販売されたTシャツはぼくのサイズがなくて(笑い)」というオチつきだが、プロレスに対しても芸術的な考えを持つ。

「リング上での一瞬に命をかけてますし、コスチューム、演出、技も多彩。スポーツでもなく単なるエンターテインメントでもなく、ひとつの芸術としてプロレスが認知されるとうれしいです」

【プロフィール】
中邑真輔:なかむら・しんすけ/1980年2月24日生まれ/京都府生まれ/188cm/104kg/青山学院大学経営学部卒/新日本プロレス所属/2002年3月入門/得意技:ボマイェ/既婚

撮影■中山雅文

※女性セブン2015年2月19日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP