ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーニングはサファイヤガラスの強力なライバルとなりそうな新素材のガラスパネル「Project Phire」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Gorilla Glass(ゴリラガラス)の製造元である米 Corning(コーニング)が「Project Phire」というプロジェクト名の下で従来のゴリラガラスやサファイアガラスよりも耐久性に優れたガラスパネル用の新素材を開発していることが明らかにされたそうです。この話は、今週金曜にニューヨークで開催されたコーニング主催の投資家向けカンファレンスで、同社の社長である James Clappin 氏が聴衆に対してい明らかにしたことだそうです。CNET が伝えたところによると、Project Phire はゴリラガラスの最新版「ゴリラガラス 4」レベルの落下耐衝撃性を備えながらも、サファイアガラス並みにキズに強い、両方の長所を兼ね備えた素材で、同社は今年下半期よりパネルメーカーに供給する計画だと述べたそうです。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末には、地面に落下させたり物にぶつけた場合でもディスプレイが破損しないほどの耐久性が求められています。Project Phire はその心配を軽減してくれるほかにも、同社にとってはサファイアガラスが広く採用されているウェアラブルデバイスでシェアを奪取できるものになると予想されます。Source : CNET


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、バレンタインデーを記念してChromecastユーザーに$6のGoogle Playクレジットを進呈
アディダス、スマートフォンのカメラで撮影した写真をスニーカーのアッパーデザインにして注文できる「mi ZX Flux Photo Print」サービスを国内で提供開始
世界初の商用Ubuntuスマートフォン「BQ Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」が来週欧州で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP