ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たな和食の世界を発信する 「WASHOKU 錦繍楼」オープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

錦繍楼コース

日本を代表する街、銀座に「和」と「洋」を融合させ、新たな“WASHOKU”の世界を発信するスペシャリティーレストラン「WASHOKU 錦繍楼(きんしゅうろう)」がオープン。

銘柄牛のビフテキと季節野菜 大吟醸で作った生姜の熟成ソース

WASHOKU 錦繍楼があるのは、石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」が入居するTH銀座ビルの3F。アンテナショップに来る人たちを意識し、オープン時は特に石川県の新鮮な食材を中心にアラカルト、コースなど30種類以上の料理を用意。

料理の監修は、全米で約50店のスペシャリティーレストランを展開するパティナ・レストラン・グループの海外1号店で、「PATINASTELLA(パティナステラ)」のエグゼクティブシェフ・杉浦仁志さんが担当。その魅力は日本の厳選素材を活かした独創的なWASHOKU。「和」の素材を活かした料理に「洋」の要素を加えた大胆なアレンジの料理が楽しめます。

メニューには料理はもちろん、おいしいお酒やデザートが充実。日本酒、中伊豆ワイナリーのワイン、甘味、スイーツなど、食事に合わせてお好みで選んでくださいね。外国の友人と一緒に訪れてみるのもおすすめです!

WASHOKU 錦繍楼内観

WASHOKU 錦繍楼
東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル3階
03-3562-7631
ランチ11:30~15:00(L.O. 14:30)
ディナー17:00~22:00(L.O. 21:00)
定休日:月曜日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。