ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男子6割「出るならW杯より五輪」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界の二大スポーツ大会といえば、サッカーW杯とオリンピック。いずれも国を挙げて盛り上がりをみせるのはご存じの通り。今年はW杯ロシア大会(2018年開催)の予選開始を6月に控え、また、来年にはリオオリンピックが開催される。2020年の東京オリンピックに向け、国内でのスポーツ熱の高まりは確実だ。いずれも注目度は甲乙つけがたいが、皆さんはどちらのほうがお好きだろうか? 20代独身社会人男性200人に、アンケート調査を実施した。(協力/アイ・リサーチ)

【もっと大きな画像や図表を見る】

1.〈オリンピックvs.サッカーW杯、観戦するならどっちが好き?〉
・「オリンピック」派 56.5%
・「サッカーW杯」派 43.5%

観戦者としては、「オリンピックのほうが好き」という人が若干上回った。サッカーも含めて様々な種目の“頂点”を一度に楽しめるのが魅力ということか。

次に若干趣向を変えて、「もし自分が出場できるとしたら…?」と聞いてみた。

2.〈自分が出場してみたいのは…〉
・「オリンピック」派 62.0%
・「サッカーW杯」派 38.0%

こちらもオリンピック派が優勢。理由としては、以下のようなコメントが寄せられた。

●「オリンピック」派の意見
「まわりが喜んでくれそう」(26歳)
「4年に一度しかなく、世界各地から色々なスポーツのプロが集まるから」(26歳)
「野球・ソフトボールの復活(編註:を期待)」(25歳)
「単純に、自分はサッカーができないから」(27歳)
「サッカーには興味がないし年俸も安いので」(28歳)
「金メダルをかけてみたいから」(27歳)
「色々な競技があるので」(28歳)
「国民的行事だから」(27歳)
「どうせなら大きい大会のほうがいい」(28歳)

●「サッカーW杯」派の意見
「サッカーW杯の方が名誉があるような感じがするから」(28歳)
「トップ下の選手として出場して、強豪チーム相手にミドルシュートを決めたい」(27歳)
「夢だった」(28歳)
「モテるから」(29歳)
「強豪国が多い中で優勝するのが、気持ち良さそうだから」(26歳)
「オリンピック・W杯のどちらでも出場できれば名誉なことであるが、注目度やその後の報酬を鑑みるとW杯を選択する」(27歳)
「ワールドカップに出られるくらいのサッカー選手であれば、そこそこの年俸を貰っていると思うから」(27歳)

総じて、「オリンピック」派は、「オリンピックは幅広い層が見ているし、大きなイベント」という意識が強いよう。一方、当然のことながらサッカーファンからは「サッカーW杯」を夢見る熱いコメントが集まった。

スポーツファンの皆さん、あなたならどっち派?
(R25編集部)

男子6割「出るならW杯より五輪」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

マラソン「燃え尽き症候群」回避法
あの女優も大興奮!スーパーボウル
今季のプロ野球「正捕手争い」が鍵
エースvs.4番 憧れはどっち?
2015スポーツ界を占い師が予想

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP