ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SlideShareやTaptalkなど6種類のAndroidアプリがChrome OSに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Chrome OS 上で利用できる新しい Android アプリを 6 種類追加したことを発表しました。アプリは Android 版を Chrome OS 上で動作するように移植したもので、基本的には Android タブレット用の UI が表示されます。タッチパネルを搭載したものであればタッチ操作で、非搭載機種でもマウスやキーボードを使って操作できます。今回移植されたのは、プレゼンの資料や動画をシェアできる「SlideShare」、XDA Developers をはじめとしたコミュニティサイトを 1 箇所で管理・投稿を行える「Taptalk」、単に「YO」と言うだけのコミュニケーションアプリ「Yo」があります。移植されたアプリは 6 種類とのことですが、他のアプリの情報は上がて来ていません(判明しだい追記します)Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 9(Flounder)向けのCyanogenMod 12 Nighltyの公式配信が開始
Wear Mini Launcherがv3.0にアップデート、スマートフォンUIがMaterial Design化、アプリの固定表示機能も追加
Xiaomi、Redmi 2とMiPadを2月10日に香港で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP