ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京オリンピックをHACKせよ!チームラボらが描く未来の“参加型”五輪とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2020年に開催される、東京オリンピック/パラリンピック。

すでに着々と準備が進められているが、どこか傍観者として冷めた目で見ている…という人も多いのではないだろうか?

だが、実は最新テクノロジーを使えば、ものすごく面白いことができる!?

そんな期待を抱かせてくれるのが、新刊「PLANETS vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト」(1512円)だ。

・チームラボや乙武氏が描く “オルタナティブ・オリンピック”

書籍としては珍しく、クラウドファンディングでの資金調達を経て発売されたこの1冊。

評論家としてテレビでもおなじみの宇野常寛氏らが編集する「PLANETS」の最新号で、チームラボの猪子寿之氏、ジャーナリストの乙武洋匡氏ら若手論客数十名が、それぞれの立場から来たるオリンピックとこれからの東京へ、大胆な提言をしている。

・渋谷のど真ん中に競技フィールドが出現!?

中でも一番ワクワクさせてくれるのが、猪子氏が提案する、“参加型・体感型”のオリンピックだ。

例えば、選手たちをホログラムで渋谷に登場させ、そのスピードや高さを街中でリアルに体験できるようにしたり、聖火ランナーから自分たちのスマホにも“デジタル聖火”が灯されるアプリを開発したり、ネットワークを通じて世界中の人々と共に“疑似入場行進”ができるようにしたり…。

単にテレビやスタジアムで鑑賞するのではなく、テクノロジーを通じて私たちが作り合う、未来のオリンピックの姿が描かれている。

・データに裏打ちされた、実現可能な未来

これだけ聞くと、まるでSFの話にも聞こえるが、本書で提案されていることは技術的に “実現可能”なのがポイント。

他にも、パワースーツ等でデジタル技術と身体を融合させた「拡張スポーツ」の可能性などにも触れており、“あと数年でこんな世界がやってくるの!?”と思わず心躍らせてしまう。

・スポーツに興味がなくても楽しめる

また、オリンピック同時開催イベント=“裏オリンピック”として、アニソンなどのJポップライブやグルメフェスタなどを提案。

“バラバラのものたちをバラバラのまま共存させる”というコンセプト通り、たとえスポーツに興味がなくても、存分に楽しめるアイデアが散りばめられている。

・やるからにはとことん面白く!

本書を貫くのは、“どうせやるなら、自分たちの手でとことん面白く!”というポジティブな決意だ。

技術者やクリエイターにとって、最新テクノロジーとその活用方法を示す優れた教本であるのはもちろん、“オリンピックなんて私には関係ない”と思っている人にこそ手にとってほしい1冊となっている。

「PLANETS vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト」は、Amazon全国の大型書店などで購入可能。

PLANETS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。