ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wear Mini Launcherがv3.0にアップデート、スマートフォンUIがMaterial Design化、アプリの固定表示機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear 用の初のランチャーアプリとしてリリースされた「Wear Mini Launcher」が v3.0 にアップデートされ、UI が Material Design 化されました。Material Design 化されたのはスマートフォン用 UI なのですが、スマートフォンにもランチャーの管理機能を備えているので、しばしば利用することもあります。その時に見やすくなったということです。また、アプリの固定表示機能が追加され、アプリドロワーのアプリアイコンをダブルタップすると該当のアプリを Android Wear 上に常に表示されるようになりました(閉じても復活する)。固定表示を停止するには下部に表示される小さなアプリアイコンを再度ダブルタップします。さらに、アプリドロワーのアイコンを長タップすると、アプリの操作メニューが表示されるようになり、現時点ではブックマークアプリへの登録を行うことができます。このほか、スマートフォンと Android Wear との Bluetooth 接続が途切れるとアラームで警告する置き忘れ防止機能、ロック画面を ON にする新オプションが QuickSettings パネルに追加されました。「Wear Mini Launhcer」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 9(Flounder)向けのCyanogenMod 12 Nighltyの公式配信が開始
SlideShareやTaptalkなど6種類のAndroidアプリがChrome OSに移植される
Xiaomi、Redmi 2とMiPadを2月10日に香港で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP