ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み会で成功率を上げるには端っこがポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


AKB48が火付け役となって巻き起こった「アイドルブーム」。一過性の流行ではなく、確固たる地位を築き上げた彼女たちに、男性たちはゾッコン。
女性からすれば、「なにがアイドルじゃい」という気持ちにもなりますが、男性を虜にするという点では、確かな実績と信頼があるのです。
そこで、アイドルグループのマネージャーだった過去を持つ私が「男を虜にするアイドルのもてテク」を紹介します。

アイドルはいたって普通の子たちです。もちろんかわいいんですが、親近感がわくようなルックスをした子が多いもの。
でも、なかなか喋れない状況や、目を合わせられないような「遠くから見てるだけ期間」を作られると、途端に輝きが増します。

オーラの正体は、見る側の勝手な妄想が作り出す輝き

これを飲み会に適用しても、同じ効果が得られます。なかなか喋れない状況を意図的に作り出し、いざ喋ったときに「やっと喋れた!」と相手に思わせると実力より3割くらい盛れるのです。
そういえば去年の飲み会を振り返ると、私が仲よくなった男性って真っ正面じゃなくて対角線に座っていた人が圧倒的に多い。
その日、一言も言葉を交わさなかったレベルの相手にモテる。男性とは「あのとき、ほんとは喋りたいと思ってた」と思っていたけど伝えられなかった、ということを伝えたがる生き物ですね。

焦らされると錯覚を起こす

おそらく、「どんな子なんだろう?」→「喋ってみたい」→「興味がある」→「なんで俺、興味あるんだろう?」→「好き?」という錯覚があるのかもしれません。
実戦としては、飲み会では真ん中には座らず端っこを陣取る。女の子には「トイレが近いから」と言えばなんの問題もなく端っこを陣取れます。
「端っこがいい」と謙虚そうにみせておいて、チャンスを狙いましょう!
Heart image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
【恋愛心理テスト】バレンタインに贈るベストなチョコは?
男子を幻滅させるついやっちゃうあの癖
何年もつきあったし…その恋、長引かせるほうが損かも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP