体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住むアンティーク!?フラットハウスの魅力とは

住むアンティーク!?フラットハウスの魅力とは(写真撮影:アポロ計画)

数年前に出版された『FLAT HOUSE LIFE』は、戦前の古民家や、庶民の憧れ文化住宅、アメリカの文化香る米軍ハウスなどをおさめた平屋コレクション本。帯に語られている言葉通りに「古い家好きにはたまらない永久保存版」の一冊であった。この本の発売をきっかけに、一部ではじわじわと盛り上がりを見せるフラットハウス。その著者であるアラタ・クールハンドさんが、現在、福岡に暮らしているという話を聞きつけ、フラットハウスについて伺ってきた。実は希少物件のフラットハウス

フラットハウスとは何か。ずばり”平屋”のことである。「なぁーんだ平屋か」と思う方もいるかもしれないが、ちょっとまわりを見渡して欲しい。改めて探してみると街のなかで平屋を見かける機会は実に少ない。地域によっては密集しているところもあるが、新興住宅などでは希少価値の高い物件なのである。

そこには、フラットハウスの成り立ちが影響している。「戦後すぐの日本には土地はたくさんあるけれど、家をつくる材料がなかったそう。そこで、材が少なく建てられる平屋が重宝されてきた。材の不足は杉を植えても追いつかず、遂には海外から安い材を輸入するようになった。そして、時代はベビーブームへ。人も、モノも増えてきたことで、平屋から2階建てが主流になってきた」とアラタさんは考証する。

事実、昭和40年代前半までに平屋の建築が集中しているそうだ。フラットハウスの中でも、アーティスト系に人気の高い米軍ハウス。その米軍ハウスが誕生したのも、戦後のこの時代だ。

【画像1】FLAT HOUSE LIFEに続きFLAT HOUSE STYLEと続々と発行されている(写真撮影:アポロ計画)

【画像1】FLAT HOUSE LIFEに続きFLAT HOUSE STYLEと続々と発行されている(写真撮影:アポロ計画)

【画像2】部屋でリラックスするアラタさん(写真撮影:アポロ計画)

【画像2】部屋でリラックスするアラタさん(写真撮影:アポロ計画)平屋に住みたいと思ったら、足で探すことも大事

フリークというだけでなく、自ら東京そして福岡のフラットハウスを今もカスタマイズしながら暮らしているアラタさんがそもそも平屋にハマったきっかけは?

「会社員時代には、都内のワンルームマンションで暮らしていました。その後、フリーのイラストレーターに転身。そのまま自宅マンションに篭って仕事をする時間が長くなると不調を感じることが増えてきた。そこで、会社員でもないんだから物件ありきで引越してみようと一念発起。とはいえ、より広いマンションに引越したいわけではなかった。そんな時に出会ったのが1軒目に暮らした平屋だったんです」

その後、段々と体調を戻して暮らし向きが好転したアラタさんにとっては、平屋は恩人ならぬ「恩屋」的な存在になったのだそうだ。その後は、平屋ばかりを選んで引越して暮らしている。

しかし、平屋を探すのはそれほど容易なことではない。もともと物件も少なければ、一般の不動産賃貸に流通している数も少ないので、いい物件と出会うには何より足で稼ぐことが大切になる。とりわけアラタさんが好む「経年美化がほどよく、大きすぎず、まわりを囲まれていない見晴らしのよい平屋」となると至難の技だ。福岡の住まいも、知り合いから近くの米軍ハウスが売り出しになることを聞きつけ東京からわざわざ足を運んだところ、そのすぐそばで運命的な出会いをした物件なのだとか。

物件がみつかってからの道のりも面白い。「借りたいと思える物件に出会ったら勇気を出してご近所を訪ねてみる」ことも肝心なのだとか。オーナーが近くに住んでいることが多く、物件へ辿り着く可能性も大きいらしい。数件の平屋を移り住んできたアラタさんも、ほぼこの方法で物件に辿りついている。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。