ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大型補強ヤクルト 真中監督は外国人をコントロールできるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインした。沖縄・浦添でキャンプ中のヤクルトはここ数年低空飛行が続いているが、ロッテから成瀬善久、日本ハムから大引啓次を獲得。「いつになく補強に本腰を入れた」(球団関係者)といわれた。そして移籍組よりも注目されるのは「外国人選手」だ。

 ヤクルトは今季、新守護神としてシンシナティ・レッズで活躍していたオンドルセクを獲得。このオンドルセクとバーネット、ロマンの3人で「外国人だけの勝利の方程式」を構成するという。だが近年、ヤクルトの外国人は「不良化」が目立つ。

 バレンティンは昨オフ、夫人への暴行容疑で逮捕される騒動を起こした。2012年加入のミレッジはメジャー時代に放送禁止用語満載のCDを発表して処分されたほか、来日後も審判への暴言で退場処分の常連となっている。

「バレンティンは妻との係争は復縁したことで収まったが、手術した足のリハビリで開幕に間に合うか微妙。ミレッジも肩の手術明けで計算が立たない。

 オンドルセクには慎重な“身体検査”をしたようだが、バリバリのメジャーリーガーだけに真中満監督がコントロールできるか心配です」(ヤクルト番記者)

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤクルト身売り騒動 誤報にも関係者からは「あり得る話だ」
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
ハウエル、ペタ、ラミレス、バレらヤクルト外国人活躍の理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP