ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恐竜型キャラ文具「ポケットザウルス」初年度で500万個販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供たちを魅了し、時代を象徴する存在となった文具。1985年に発売された、恐竜型キャラクター文具「ポケットザウルス」はオリジナルの恐竜キャラクターが文具に形を変えるアイデアが受け、初年度でなんと500万個を販売。

 両腕をパカッと広げるとハサミに変身する「チョキラノドン」、尻尾のキャップを取ると消しゴムが出てくる「ケシテモドン」、口からメジャーが飛び出す「ステゴメジャラス」などラインアップは豊富だった。

「一見すると単なるオモチャにしか見えなかった。特に、ハサミのチョキラノドン。授業中、『なんだそれは』と怒った先生に、『ハサミですよぉ~』とやり返して驚かせたのが嬉しかった」(30代男性)

 あまりの人気ぶりに、キャラクターを生かしたファミコン用ゲームソフト『ポケットザウルス 十王剣の謎』も1987年に発売されるほどだった。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ズボラ調理テク トレイのまま肉切る、ハサミで揚げ物切る他
80年代男児に大人気だった多機能筆箱 持ち込み禁止の学校も
「憧れの職業=アニメキャラ」という男子小学生に真意聞いた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP