ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あったか&風邪対策 ちょこちょこ白湯、おじぎで運動など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 R40読者25名にアンケートを実施。100均の湯たんぽはすぐ冷める、ヒートテックの手袋があまり暖かくなかった…など、実践して良かったもの、買って失敗したものなど、この冬のあったか&風邪対策を聞いた。

 オフィスで白湯をちょこちょこ飲むという0円のポカポカ技を紹介するのは、会社員の安本糸保さん(42才)。

「白湯がマイブーム。職場でちょこちょこ飲むようにしていたら代謝がUPしてカイロいらず。手袋はヒートテックよりウールのほうが温かく感じますね」

 エコにもなるということで、湯たんぽを使っている人も急増中。実は、今回調査した読者の4割が湯たんぽを愛用していた。

 前出の安本さんも、「暖房は乾燥するから湯たんぽ派」と語る。主婦の中村麻紀子さん(41才)はこんな豆情報も。

「100均のはすぐ冷めてしまう。無印良品の湯たんぽがおすすめ」

 コピーライターで冷え取り歴20年の青木美詠子さんは、15年以上愛用している陶器製の湯たんぽを大プッシュ。

「保温力が高く朝まで冷めないんですよ」

 はたまた、「無印良品のルームシューズがあったか&フワフワで大好き。失敗したのは300円ショップのもこもこ靴下。洗うと糸くずがすごい…」(山内博香さん37才・主婦)という声も聞こえてきた。

 0円暖め法はまだまだある。「おじぎ100回でお腹がホカホカ」を実践しているのは、会社員の吉田綾乃さん(40才)。

「仕事の空き時間にゆっくりおじぎを100回。これで腹筋が鍛えられるし温まります」

 一方で、主婦の田辺美恵さん(37才)は、こんな風邪防止をしている。

「風邪予防はガム! ガムを噛んでいると、口に入ってくる菌をガードしてくれると聞き、人混みにいるときはできるだけ噛むようにしています」

 風邪予防には葛根湯とはいうものの、実は苦手な方も多いのでは? そんな方は、中野怜さん(39才)愛用の漢方を試してみては。

「葛根湯が合わず、先輩から勧められた漢方薬『天津感冒片』を愛用。風邪かなと思ってもすぐ飲めば翌朝すっきり」

 さらに、ちょっと高めの栄養ドリンクを奮発購入して、風邪を撃退する方も。

「風邪かもと思ったらちょっと高めの栄養ドリンクを飲んですぐに寝る! 冷蔵庫にいつもストックしています」(金子あかねさん・40才・会社員)

※女性セブン 2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中律子 モンベルのシャツとタイツで氷点下でも寒さ知らず
膝の上にノートPCを長時間置くと低温やけどになる可能性も
節約主婦 プレゼントは手作りにし、暖房はなるべく使わない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP