ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中みな実も尊敬する女性キャスターのレジェンド・吉川美代子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能界事情を斬る連載「芸能耳年増」。今回は、元TBSの吉川美代子キャスターに注目。

 * * *
 TBSを定年退職し、系列会社のプロダクション『キャスト・プラス』の取締役として、曰く「ご奉公している」吉川美代子さんが、同社の所属キャスターらを差し置き、目下のところ各局のバラエティー番組から引っ張りだこだ。

 アナウンサー、アナウンス部担当部長、同スペシャリスト局長などの職に就きながら、『みのもんたの朝ズバッ!』でコメンテーターをしたり、ジャズ歌手としてライブハウスで歌ったり、ラッコの研究者として著書を出版したりしていた吉川さんが昨年定年退職したとき、真っ先にオファーしたのは『サワコの朝』(TBS系)だった。

 俳優や女優がゲストに出る番組に、いくら同じTBSとはいえ、定年退職する女性アナウンサーがゲストに来るというのは異例中の異例のことだ。しかし、かつてTBSの報道番組でアシスタントを務めていた阿川佐和子さんは、是非とも吉川さんの慰労を兼ねて、話が聞きたいと思ったのだろう。

 続いて、林真理子さんがホステスをつとめる『週刊朝日』の対談にも吉川さんは呼ばれている。プライベートで中井美穂をはじめ、年下の女性アナウンサーと仲がいい林さんもまた、吉川さんには一目置いていたと思われる。その対談は、「女子アナという言葉は嫌い」という見出しで、ネットでもおおいに話題となった。

 吉川さんは1977年、TBSにアナウンサーとして入社。同期の女性アナウンサーは、三雲孝江、浅井栄子(神津)と吉川さんの3人で、いちばん最初に売れたのは、見た目がもっとも地味な浅井だった。次が吉川、その後、いちばん暇だった三雲に午後のワイドショーのホステスという順番がまわってきて、その後は、三雲がもっとも知名度をあげた。

 当時私は、TBSラジオで仕事をしており、『久米宏の土曜ワイド ラジオTOKYO』で外回りをしていた吉川さんとは何度か仕事をさせていただいた。ラジオカーに乗って各地から中継する“女の園”であるキャスタードライバーからも吉川さんは人気があった。ハッキリした物言いと、男性に媚びない様子は年下女性たちからもとてもかっこよく見えたのだ。

 吉川さんは華やかな美人で、「TBSの松坂慶子」と呼ばれていた時期もあったが、たとえばラジオの『大沢悠里ののんびりワイド』(当時)のパーソナリティー、大沢氏からは「TBSの松阪牛」と茶化され、吉川さんもまたそれを笑い飛ばせる器の大きさがあった。

 吉川さんが女性アナウンサーとして後世にその名を刻むことになったのは、日本で最初の女性ニュースキャスターとしてレギュラーのニュース番組をもったことである。1983年4月からスタートした『おはようニュース&スポーツ』だ。平日の朝、毎朝、一人で吉川さんが出て来てはニュースを読む番組。当時、私を始め、キャスタードライバーは、吉川さんに洋服を貸していた。まだ局アナにスタイリストなんて付かない時代。当時、ニュートラが流行っていたのをいいことに、私たちは一度着たシャツブラウスやボックスプリーツのスカートを貸し出し、吉川さんがクリーニングをして返却してくれる。このシステムを考え出したのは吉川さんだった。

 衣裳はそれでなんとかなったが、ニュースの現場で吉川さんの味方は少なかったように思う。ただでさえ、男尊女卑のテレビ局にあって、報道局のそれはもっともひどかったと記憶する。そんな中、吉川さんをメインにした全国放送のニュース番組を帯でオンエアすることを決めた当時のTBSには敬意を払うが、男性社員の嫉妬による“吉川いじめ”は、少なからずあったように私には見えた。

 それでも、アナウンサーとして発声練習や勉強を怠らず、取材にも出て、編集にも付き合って、ニュースを伝え続けていた吉川さん。ずいぶん経ってから女性誌のインタビューで読んだら、多少の体調不良でも、それを誰にも言わず、スタジオに向かったこともあったということだ。

 いちばん覚えているのは、婦人科系疾患でお腹に激痛が走った際も、ドライヤーで腹部に熱風をあて、なんとか痛みを和らげ、仕事に向かったという話。仕事に穴を開けるよりはマシだという強い想いで仕事をし続けていたのだという。

 そうした病のことも、結婚生活に2度失敗したことも全く隠さず、凜として仕事をしていた吉川さんに対しては、やはり男性よりも女性ファンが多いのである。

 ちょっと意外だが、その一人に、元TBSの田中みな実がいる。アナウンス研修を吉川さんに受けた彼女は、吉川さんのことを尊敬し、吉川さんのようになりたいと公言するも、退社のことを言えずに悩んでいた時期もあったという。

 その後、田中みな実はバラエティー番組で吉川さんと共演し、“和解”。尊敬する吉川さんが引っ張りだこであることに刺激を受けているであろう田中みな実の結婚は、しばらくないような気がする。

『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)、『櫻井有吉アブナイ夜会』『マツコの知らない世界』(共にTBS系)、田中がMCの『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)、そして『徹子の部屋』(テレビ朝日系)…と、現在どんなフリーアナよりも売れっ子の吉川美代子さん。今年さらにブレイクすることだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元TBS吉川アナが女子アナに喝!! 2ちゃん見るなら発声練習を!!
元TBS吉川アナ「40才超えた女子アナ見たくない」と言われた
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。