ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各局で超常現象特番が花盛り オカルトが再ブームの理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 心霊、UFO、ネッシー、テレパシー…。1970年代のテレビ界を席巻した「超常現象」「オカルト」特番が今、各局で花盛りだ。

「1月27日、フジテレビが放送した『映っちゃった映像グランプリ』という特番が視聴率11.5%をマーク。『心霊』『UFO』『UMA(未確認生物)』などの映像を集めた番組だったのですが、不振が続くフジテレビでは上出来の数字です。

 さらに去年9月放送された『世界がビビる夜』というTBSの特番は、“私は宇宙人の子どもを出産した”“宇宙人のミイラを発見した”などショッキングな内容が大反響を呼び、13.2%という高視聴率を獲得しました。テレビ界ではオカルトブームに沸いています」(放送関係者)

 年末には、『ビートたけし禁断のスクープ大暴露!! 超常現象マル秘Xファイル』(テレビ朝日)が10.3%を記録。独自路線をひた走るテレビ東京も、心霊・衝撃映像・UFOなどの映像を集めた4時間特番を放送した。

 各局で再人気のオカルト番組だが、1970年代の番組とどんなところが違うのだろうか。

「昔は宇宙人の再現映像を作ったり、UFOを見たと言う目撃証言をインタビューするためだけに海外に行ったりしていましたが、現在の番組構成はYouTubeから引っ張ってきた動画が中心。つまり、わざわざ昔のような作りにしなくても事足りるというか、その映像だけですべてを語れるのです」(在京テレビマン) 

 またその実際的なメリットとして、番組予算の締め付けが続く中、低コストで作れるという点もあるのだろう。

「さらにUFOなどが再び注目され始めた背景のひとつとして、数年前から続いている衝撃映像ブームがあるように思います。インパクトがある動画の新しい鉱脈を探していて、そういったものに行きついたのでは」(同)

 ただし、視聴者はいつでもYouTubeを見ることができるはず。敢えてテレビで見ることもない気がするが…。

「面白い動画をいろいろ見たいとなれば、イチイチ探さなければならない。その点、動画をいっぺんに放送してくれる番組は、その手間を省いてくれるのでしょう」(同)

 最近の歌謡祭系の歌番組が、トークを挟まず、名曲だけを聴かせるという傾向が強いのも、「YouTube的」な視聴傾向が受け入れられている理由かもしれない。

 だがここでひとつ大きな疑問が。それは、視聴者の「心霊」や「UFO」「UMA」に対する「見方」だ。純粋に信じていたあの頃とは打って変わって、オカルト番組は疑いの目でしか見ることができないのではないだろうか。

「今のテレビ番組はあまりにも正確な情報が氾濫しすぎている。お行儀が良い、と言い換えてもいいかもしれません。害がない、安心できる、わかりやすい番組が多い中で、視聴者は少し刺激がある、理解が及ばない番組もどこかで欲している。

 そんなとき、ウサンくささ全開のこうした番組に、“作った映像じゃないの?”とか、“全然怖くないけど”などとツッコんだりすることができるのが実は快感なのでは。さらに、スタジオの出演者はみな一様にその映像に見入っているので、“何信じてんだよ”と、彼らにもツッコミを入れたくなるのでしょう」(同)

 オカルトものに対する視聴者の距離感も、今と昔ではだいぶ変わっているようだ。いずれにしても、毎週のように放送されていた当時の盛況ぶりは果たして戻るのだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
フジ亀山千広新社長の大ナタで低視聴率『いいとも』を終了に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP