体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなお守り知ってた?東京で見つけたつい持ってたくなるユーモア全快のお守り5選!

さて、普段お守りって身につけていますか?特別な思いがなくても、持ってるとなんとなく落ちつく・・・っていう事がありますよね。そこで今回は、持っていてちょっと楽しい気分になれそうな、珍しいお守りの数々をご紹介しましょう。願いの数ほどご利益もあると言われるように、特に東京の神社には、実にいろんなタイプのお守りがあることがわかりました。

LOVE守り

まずは破魔矢発祥で知られる大田区の新田神社で授与しているのがこちらの「LOVE守り」。

d52b4fa352defcdd56bffe3b99d772bf8ffce39f

グラフィックデザイナーの浅葉克己氏が手掛けたアート感溢れるお守りです。良縁祈願でも人気のあるこの社には、このお守りと同様のデザインの彫刻「LOVE神社」が奉納されており、この碑の前でカップルで写真を撮ると幸せになると言われています。初穂料600円。

月次花御札(つきなみはなみふだ)

次は東京の情緒ある下町・文京区根津に鎮座し1900年以上の歴史を持つ根津神社の「月次花御札(つきなみはなみふだ)」。

74ef7db583ae1bb84f84c1633714eac494035ea9

長さ15cmほどの木札に、正月は松、二月は梅といった具合に、その月を象徴する花や木が描かれている風情溢れるお守り札。邪気を払い清浄を保つご利益と言われています。どの月のものからでもまとめて購入できますが、オススメは該当する月ごとに参拝して1枚ずつ集めることだそうです。初穂料500円。

ゲゲゲのちゃんちゃんこのお守り

700年を超える歴史ながら、5年ほど前にキャピタルホテル東急や歌舞伎座のデザインで知られる建築家・隈研吾氏によって社殿が近代的にリニューアルされた新宿区神楽坂の赤城神社ゲゲゲのちゃんちゃんこのお守り」。

1 2 3次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会