ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイチク演歌、“どうでもいい”曲紹介でおなじみの芸人・アナログタロウをウェブCMに起用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

80年代によく見かけた、どうでもいい情報を教えてくれる歌番組の曲紹介で話題のお笑い芸人・アナログタロウが、テイチク演歌のウェブCMに3ヶ月連続で出演することが決定。2月6日18:00から、初回1月発売分のCM映像がYouTubeで公開となった。

アナログタロウのスタイルを生かし、ホントかウソか?アーティストの“どうでもいい”プチ情報を交えての曲紹介が楽しめる内容になっている。

第1弾の1月発売新譜CMは、先月21日発売以降2週連続オリコン演歌チャート首位の実力派 島津亜矢の「独楽」にはじまり、歌謡曲界のプリンス松原健之が歌う藤澤ノリマサ作曲の「雪明かりの駅」(1月21日発売)、デビュー6年目の菊地まどか、明るくのびやかな曲調が大好評の「ふるさと海峡」(1月21日発売)、細川たかしの愛弟子でデビュー2年目、先日納豆の妖精“ねば~る君”と共にヒット祈願を行った杜このみの「追分みなと」(2月4日発売)の全4曲をアナログタロウのナレーションで紹介。主にプロモーションビデオにワイプで登場するアナログタロウの曲紹介から歌シーンに繋がる構成になる。

テイチクの担当者は「ネタはもとよりアナログタロウさんのツボにくるナレーションと楽曲とのテンションの違いなども良い意味で面白く、これまで触れてこなかったユーザーがアナログタロウさんをきっかけに演歌歌謡曲に触れるきっかけになってくれれば」と新規ユーザーの獲得に期待を寄せる。

1月から3月発売のテイチク演歌歌謡曲アーティストをベテランから新人まで幅広く紹介。3ヶ月すべて新曲の紹介ナレーションはアナログタロウが担当する。次回第2弾配信は2月下旬を予定している。

アナログタロウは、演歌歌謡曲紹介でのCM出演は初めて。先月行った初回収録では「初めてテイチクレコードの新曲紹介をさせて頂きました。ホントかウソかわからないような情報を紹介させて頂きました。とても緊張しました」と話した。

アナログタロウ×テイチク どうでもいい情報を教えてくれる新曲CM第一弾

リリース情報
島津亜矢「独楽」
レコチョク http://recochoku.jp/song/S1001195652/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/du-le-koma-ep/id956025655
松原健之「雪明かりの駅」
レコチョク http://recochoku.jp/album/A1001613350/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/xue-mingkarino-yi-san-ri-yuega/id958451118
菊地まどか「ふるさと海峡」
レコチョク http://recochoku.jp/song/S1001196144/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/furusato-hai-xia/id958448286
杜このみ「追分みなと」
レコチョクhttp://recochoku.jp/song/S1001253816/
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/zhui-fenminato-ep/id959438664

関連リンク

島津亜矢 レーベルサイトhttp://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/shimazu/
松原健之 レーベルサイトhttp://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/matsubara/
菊地まどか レーベルサイトhttp://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/kikuchi-madoka/
杜このみ レーベルサイトhttp://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/konomi/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP