ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ovallギタリスト/プロデューサー関口シンゴ、新曲が映画『テラスハウス』劇中歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Ovallギタリスト/プロデューサー関口シンゴ、新曲が映画『テラスハウス』劇中歌に決定

現在活動休止中の3ピース・バンドOvallのギタリスト、プロデューサーである関口シンゴが、メジャー・ソロ・アルバム「Brilliant」を3月4日に発表する。収録曲で唯一の日本語による楽曲「繋いだ未来feat. Iri」が、2月14日のバレンタインデーに公開される話題の映画『テラスハウス クロージング・ドア』の劇中歌として使用されることが決定した。

『テラスハウス クロージング・ドア』は、2012年にフジテレビ系列にてTV放送を開始した「テラスハウス」の続編を映画化した作品。海の見える素敵なシェア・ハウスで6人の男女が、恋をしたり、夢を見たり、恋を失ったり、夢を見失ったり、挫折して、嫉妬して、涙して、そして思いきり笑いあって、成長していく姿を描いた、台本のない物語。その作品の中で、女性シンガーのIri(イリ)をフィーチャーした楽曲「繋いだ未来」が劇中歌として使用されている。ゆったりとしたトラックに、関口の憂いのあるギターがiriのハスキーなヴォーカルに絡みあった、恋のように甘く切ないメロディーが劇中で溶け込んでいる。

関口は、2013年に活動休止を発表したOvallのギタリスト。ソロ・ギタリストとして福原美穂、さかいゆう、レイハラカミ、青葉市子など多種多様なアーティストへの楽曲提供、プロデュース活動をし、自身のバンドvusik、こだまかおるとのユニットEart等様々なプロジェクトでも活動を行っている。本作では、その関口が余りある才能を存分に発揮し、集大成ともいえる程のセンスを凝縮させている。また、そのメロウでメランコリック、風景や映像が浮かぶオリジナリティ溢れる音像に共鳴した世界中のアーティストが多数参加している。

ジャズとポップスを華麗に横断するシンガー、ウーター・ヘメル。現代のミニー・リパートンともいうべき可憐なヴォーカリスト、ジョヴァンカ。そして国内からは、ドラマー、ビートメイカー、シンガーとして他に類をみないスタイルが話題のクリエイター、mabanuaなどジャンルに囚われることのないアーティストが多数参加している。

また、アルバム収録曲「MOMENT」は鹿児島県の魅力を伝えるPR映像に使用され、その映像が「鹿児島発 美しすぎる映像話題」としてYAHOO!トップページに掲載。2015年1月現在youtubeの再生回数は100万回に近づく勢いとなっている。同じく収録曲「Wings feat. Giovanca」はアウトドアブランドCHUMSの2014A/WコレクションwebCM曲として起用されている。

KAGOSHIMA ENERGETIC JAPAN 映像 / 使用曲「MOMENT」

CHUMS 2014FW

リリース情報

アルバム「Brilliant」
2015年3月4日発売
VICL-64305 2,300円+税
全曲視聴:http://jvcmusic.co.jp/shingosekiguchi/

収録曲
1.Wings feat. Giovanca
2.Who You Gonna Hold Tight feat. Wouter Hamel
3.繋いだ未来 feat. iri
4.Everyday I Feel Your Heart feat. mabanua
5.Autostrada
6.My Favorite A venue
7.Freakshow feat. Joël Gaerthé from Ashtraynutz
8.Woolly Thinking
9.Feel It All The Time
10.Brilliant
11.In A Darknight feat. kaol codama
12.Moment

関連リンク

■関口シンゴ オフィシャルサイトhttp://shingosekiguchi.com
■関口シンゴ ビクターオフィシャルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/shingosekiguchi/
■関口シンゴ オフィシャルTwitterアカウント@vusik_music
■関口シンゴ オフィシャル Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/shingosekiguchiorigami

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。