ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃
 niconicoが主催するゲームの祭典「闘会議2015」が1月31日~2月1日に幕張メッセで開催された。「リアルゲームエリア」では、Wii U用ゲームソフト『Splatoon(以下、スプラトゥーン)』の世界を実際に体験できる「リアルスプラトゥーン」ブースが設けられ、午前中で整理券の配布が終了するほど多くの人が詰めかけた。

闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃 『スプラトゥーン』は4対4のチームに分かれ、インクを撃ち合いながら塗った「ナワバリ」の広さを競い合う対戦アクションゲーム。 闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃 「リアルスプラトゥーン」では、ゲームと同じく4人ずつが2チームに分かれ、キャンバスに向かって本物のインクが入った水鉄砲を発射する。前半戦はカーテンで仕切られた自分たちのナワバリを塗り、後半戦は仕切りを外して相手のナワバリを塗ることができる。最終的に塗った面積の多いほうが勝利だ。 闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃 闘会議の中では数少ないアクティビティブースだったこともあり、参加者は歓声を上げ、勝利チームはハイタッチで喜び合うなど、終始盛り上がりを見せていた。 闘会議で大人気! 本物のインクで陣地を奪い合う「リアルスプラトゥーン」体験者を直撃 31日午後に参加した10代男性は、「最初は敵チームが優勢でしたが、後半に逆転勝利したのですごく盛り上がりました」と興奮。同チームの20代男性は、「普段インクを塗り散らす機会がないだけに、貴重な経験でしたね」と笑顔で話した。

 また「リアルスプラトゥーン」を楽しむ前には、隣接した国内初出展のプレイアブルエリアで『スプラトゥーン』を一足先にプレイしたという。

 20代男性は「カメラ視点はWii U GamePadの傾きで変わるので、使い方に慣れないと最初は大変。でもゲーム性がシンプルなので皆で協力して盛り上がれますし、オンラインで知らない人と一緒に対戦できるのはひとつの醍醐味だと思います」と感想を教えてくれた。

 『スプラトゥーン』は今年5月に任天堂から発売予定。気になる人はチェックしてみてはいかがだろうか。

■関連リンク
男子の生活音がひたすら聞こえるCD
常軌を逸したカップ麺の誕生秘話
月刊ムーの公式ショップ、売れ筋は

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。