ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村カエラ、10周年記念ライヴを収録した映像作品&MV集をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木村カエラが昨年10月に横浜アリーナにて開催した10周年記念ライヴ「KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-」2days公演を3月4日にDVD・Blu-rayとしてリリースする。

昨年6月からスタートした木村カエラの10years anniversary! 記念企画として、ベストアルバム、オリジナルシングル2作品、オリジナルニューアルバム『MIETA』を連続リリース。そして、同じく昨年10月には10周年記念ライヴ「KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-」2days公演を横浜アリーナにて行い、2万人を動員。各日を“Rockin’ZOO(ROCKの日)”、“Poppin’PARK(POPの日)”とテーマに分けて、計50曲(二日間のうち同じ曲はわずか2曲のみ)を演奏しファンに届けた。

初回限定盤はDVD・Blu-rayともに「豪華スケテルパッケージ」仕様。タイダイプリントのクリアパッケージ箱(BOOKケース)に、DVDはゴールド、Blu-rayはシルバーの内箱(デジパック)がセットされている。また、ライヴの模様を写真で追った8Pブックレットも初回限定盤にのみ付属される。

初回限定盤・通常盤ともに、副音声にはカエラとバンドメンバー5人がライヴ映像を観ながら“新年会”と称して宴会を繰り広げている模様を収めた「カエラとバンドメンバーによるオーディオコメンタリー(新年会♡)」を収録。二日間、5時間近くのライヴ映像を一日で振り返ったため、お酒もすすんだ後半はもはや単なる飲み会に。ライヴの裏側だけでなく、10年間の裏側までのぞけてしまう……確実に封印ネタでは? と思われる酔っ払いトークが炸裂しまくっている。

加えてボーナス映像には、これまでカエラのMVを手がけてきた監督たちによる、ライヴの為に作成されたプロジェクション映像を「Director’s special projection videos」として12曲分収録。作りこまれたカエラのステージを別角度から改めて堪能できるボーナス映像になっている。

ライヴ映像から副音声、ボーナス映像まで、当日その場に居合わせたファンには勿論、この10年間でカエラと時間を共有したすべての人にとって保存版・プレミア感あふれる作品となることは間違いない。

また、LIVE DVD&Blu-ray『KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』と同時発売となるMV集『BEST VIDEO 2』(DVDのみ発売)の詳細も明らかになった。今作には、2008年リリースの「マスタッシュ」から、10周年記念ベストアルバム『10years』初回限定盤に収録されていた「My Love」までのMVを収録。さらにボーナストラックとして、「おどるポンポコリン」のOPバージョンを本人が選出。こちらの初回盤も、ライヴDVD・Blu-rayと同じく「スケテルパッケージ」仕様となっており、ファン必携のアイテムとなっている。

3月6日(金)からは、赤坂BLITZを皮切りに全国17都市21公演、カエラにとって5年ぶりのライヴハウスツアー「MITAI KIKITAI UTAITAI」がスタートする。横浜アリーナとは対照的に、ライヴハウスはまさに接近戦。手が触れるほどの近さで、カエラから放出されるパワーを感じて欲しい。

ライヴハウスツアーの前に、横浜アリーナのライヴDVD&Blu-ray、そしてMV集で予習しておこう!

DVD&Blu-ray『KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』
2015年3月04日発売
【DVD 初回限定盤】(4DISC)
VIBL-751~754/¥8,333+税
【DVD 通常盤】(4DISC)
VIBL-755~758/¥7,870+税
【Blu-ray 初回限定盤】(2DISC)
VIXL-140~141/¥9,259+税
【Blu-ray 通常盤】(2DISC)
VIXL-143~144/¥8,796+税
込め初回限定盤のみ(DVD、Blu-rayともに)「豪華スケテルパッケージ」仕様+8Pブックレット

<収録内容>
※DVD及びBlu-ray初回限定盤、通常盤収録内容共通
・副音声/<カエラとバンドメンバーによるオーディオコメンタリー(新年会♡)>
・ボーナス映像/
(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
木村カエラ オフィシャルHP
星野源、「ビクターロック祭り 2015」出演決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP