ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンチェスター・ユナイテッドを解散の危機から救ったのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現在、不振にあえぐサッカー日本代表の香川真司。1月31日に行われたブンデスリーガ第18節、レヴァークーゼン戦もベンチには入ったが、出場はしなかった。そんな香川の不調の原因になったと言われているのが、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍である。
マンチェスター・ユナイテッドといえば、イングランド・プレミアリーグの超名門クラブ。数々のスター選手を抱え、多くの輝かしい実績を残している。
しかし、みなさんは、そんな超名門クラブのマンチェスター・ユナイテッドが、解散の危機に追い込まれた経験があるのをご存知だろうか?
2006年5月20日発売の「FRIDAY臨増」によると、マンチェスター・ユナイテッドがまだ前身である「ニュートン・ヒースFC」として活動していた1902年。ニュートン・ヒースFCは、財政難のために解散の危機に追い込まれた。
そのため、選手たちは基金募集のバザーを行い、このとき犬に募金箱をつけてアピールしていた。これが犬好きで有名な、地元の醸造会社「マンチェスター・ブリュワリー社」社長の目に留まり、財政支援をゲットした。
そう、今のマンチェスター・ユナイテッドがあるのは、犬のおかげと言っても過言ではないのだ。

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】モテ男に学ぼう~マジック・ジョンソン編~
こんなバレーボールアニメを待っていた!!アニメ『ハイキュー!!』がやっぱりスゴい!!
猪木の「闘魂注入ビンタ」ってなんなの!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP