ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

棚橋弘至 直木賞受賞会見で名前が出て「報われたと思った」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近ごろ、プロレス好きな女子「プ女子」が増加しているという。直木賞作家の西加奈子さんもそんなプロレス好きな女性のひとり。直木賞受賞の会見で西さんは、新日本プロレスの棚橋弘至選手(38才)の名前を出している。

 そんな棚橋に話を聞いた。西さんが会見で名前を出したことについて、「グッときた。報われたなって思いました」と、感慨深げ。クールな外見とは違い、彼は実際は熱い男なのだ。

「入門テストは2回落ちたんです。1回目は全てのメニューをこなしたのに、新弟子はとらないという理由で。納得いかないから、地方巡業で来てたレフェリーに、もう1回受けさせてくださいと直談判しました」

 その後、入門したのだが、待っていたのは寮での生活。一人前となってデビューするまで外出禁止だ。

「渋谷に行きたいから早くデビューしたいってずっと思ってました(笑い)」と20代の頃の思い出話で場を和ませてくれた。だが、そのサービス精神もプロレスで生きていくと決めているからこそ。

「プロレスは自己プロデュース。コスチューム、キャラ、入場曲などみんな自分で考えてます。ぼくだったら、この引き締まった筋肉が特徴。いろんな個性があるからこそ自分が気になる選手が見つかる。きっかけは何でもいい。読者のみなさん、生でプロレスを見てみてください」

【プロフィール】
棚橋弘至:たなはし・ひろし/1976年11月13日生まれ/岐阜県生まれ/181cm/103kg/立命館大学法学部卒/新日本プロレス所属/1999年3月入門/得意技:ハイフライフロー/既婚

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP