ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江夏ら阪神投手陣 巨人戦で「ワシらは10人相手の野球だ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて9年連続日本一を続けていた読売巨人軍に対し、ライバルとして立ちはだかったのは阪神タイガースだった。当時の阪神で主力として活躍した、俊足巧打と守備範囲の広い華麗なプレーで“牛若丸”と呼ばれた吉田義男氏が、村山実や江夏豊ら歴史に残る名投手陣を揃えながら万年2位に甘んじていた理由を語った。

 * * *
 選手個々が優れていたこともあるが、僕がその頃の巨人に感心したのは、ボール球に手を出さないことでした。その伝統を作ったのは川上(哲治)さんだと思います。「振らない」ということを、「打撃の神様」が徹底して教育したんです。

 皆、選球眼が良くて四球を選ぶ。だから打線が繋がる。巨人の3番、4番には王貞治、長嶋茂雄が座っているわけで、柴田(勲)や土井(正三)が塁に出れば打線の破壊力はより大きくなる。僕の印象だと、巨人は1番から4番までの4人で勝っていたようなものです。その4人に1試合に4度回ってくる。強いはずですわ。

 もう1つ厄介なのが審判でした。審判も人の子だから、迷った時には「王や長嶋が見逃したのならボールだ」と、上手い人に有利な判定をしてしまう。世にいう「王ボール」とか「長嶋ボール」というヤツです。

 当時の阪神には球界を代表する小山正明や村山といったピッチャーがいたし、その後には江夏豊も出てきたが、彼らは揃って「ワシらは10人を相手に野球をやらなアカン」といっていました。まァ、勝負の世界ではこれも実力のうちですから仕方ありません。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
勝谷誠彦氏 ぬるま湯体質の阪神を変えられるのは掛布監督だ
元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」
阪神ファンが「来年こそ優勝や!」と叫ぶに最適なカラオケ店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP