ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最大32メガピクセルのiOSカメラアプリHydra、HDRでムービーも!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhone 5、6、6プラスのユーザーで写真を頻繁に撮るという人は要チェックのアプリが登場した。最大32メガピクセルという高解像度の写真が撮れるうえ、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)による動画も撮影できる「Hydra」だ。

Hydraのメーン機能である、HDR(写真、ビデオ)、ローライト、ズーム、Hi-resを紹介しよう。

・イメージ20枚を重ね合わせ

まずHDRだが、シャッターを1回押すだけで露出の異なるイメージを最大20枚撮って合成するので、暗いところでの撮影もかなり鮮明に撮れる。ビデオHDRも通常のHDRと同様にイメージを重ねられるので美しい仕上がりになる。

また、ローライトモードでは暗いところでの撮影で活躍する。光が足りないところで撮った写真は荒くなるが、イメージ10枚を活用してそうした荒さが少ない写真にする。そしてズームモードでは2倍と4倍のズームで撮影できる。

・引き伸ばしてもキレイ

高画質を求める人は、Hi-resモードを使うといいだろう。最大32メガピクセルなので、引き伸ばしに耐えうるかなり高解像度の写真が撮れる。

動きのある写真にはHDR撮影などは向かないが、風景写真やポートレートなどを撮る時にはかなり活躍する。今なら正規価格の40%オフ、300円でダウンロードできるので、興味のある人はお早めに。

Hydra

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP