体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エヴァの別世界を3DCGで描く! 実写のようなリアルな演出がすごい

エヴァの別世界を3DCGで描く! 実写のようなリアルな演出がすごい

『evangelion:Another Impact(Confidential)』キービジュアル/(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー

スタジオカラーとドワンゴが共同で企画する短編アニメーション「日本アニメ(ーター)見本市」の第12弾作品『evangelion:Another Impact(Confidential)』が、予告編に続き、約5分の本編が公式Webサイトで公開された。

本作は、庵野秀明さんが手がけた「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを原案に、「エヴァ」シリーズとは別の場所、別の時、秘密裏に開発と実験が進められていた「Another No.=無号機」をモチーフとしている。人の制御を受け付けず、暴走を始める「別」の世界で起動したエヴァが描かれている。

フル3DCGアニメの先駆けとなった『APPLESEED』で世界中のクリエイターに大きな影響を与えてきたメカニックデザイナーの荒牧伸志さんが監督・脚本・絵コンテを担当。『Appleseed alpha』など、多くのCG映画に参加してきた松本勝さんがCGディレクターを担当している。

【ニコニコ動画】第12話「evangelion:Another Impact(Confidential)」トレーラー/日本アニメ(ーター)見本市

3DCGで「Another Eva」が暴走する!

本作では『攻殻機動隊ARISEborder:2 Ghost Whispers』で監督を務めたメカニックデザイナーの竹内敦志さんが、作中に登場する機体「Another Eva」のデザインを担当。「日本アニメ(ーター)見本市」のWebサイトでは、その詳細なデザイン画も閲覧できる。

「エヴァ」シリーズの特務機関NERVに似たような実験施設で、エヴァの機体「Another No. = 無号機」の起動実験が行われる様子が3DCGで描かれており、主観視点の手持ちカメラのブレや、レンズの汚れ、カメラノイズまでが再現されている。突如、暴走するAnother Evaと、軍の戦闘機が荒廃した都市で戦闘する場面も臨場感たっぷりのシーンとなっている。

「Another No. = 無号機」は、何のために作られたのか? 約5分の短編から、その結末を感じ取ってほしい。

『evangelion:Another Impact(Confidential)』スクリーンショット/(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー 『evangelion:Another Impact(Confidential)』スクリーンショット/(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー 『evangelion:Another Impact(Confidential)』スクリーンショット/(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー 『evangelion:Another Impact(Confidential)』スクリーンショット/(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー
1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。