ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

踊れるアニソン男女6人組 FUNCTION6ch、初の三大都市ツアーが決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

声優でボーカルを担当する福原香織を筆頭に、RAB(リアルアキバボーイズ)からニコニコ動画踊ってみた150万再生保持者の涼宮あつき、世界のダンス大会を制したブレイクダンサードラゴン、右手で描くファンタジスタのマロン、パフォーマーのみならず社長としても活躍するDJけいたん、“宇宙一やばい男”の異名をもつムラトミの6人が集結した最強グループFUNCTION6chが初の東名阪三大都市ツアーとなる、その名も「FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR」を発表した。

このツアーは、2015年6月20日の東京・吉祥寺CLUB SEATAを皮切りに、大阪・心斎橋CLUB DROP、愛知・名古屋アポロベイスにて、昼夜、全6公演を行う。

今回、各公演には、サブタイトルがあり「覚悟の1STEP」「激動の2STEP」「爆笑の3STEP」「感動の4STEP」「進化の5STEP」「究極の6STEP」と、ステップアップしていく6つのテーマが設定されている。

その内容は、全公演のテーマが変化するという毎回挑戦的なステージを繰り広げるとのことだ。FUNCTION6chの武器であるアニソンとオリジナル・ダンスナンバーを七色の歌声と世界レベルのブレイクダンスで魅せていくステージは、アニメファン、声優ファン、ダンスファンはもちろん、パーティ好き、面白いことや楽しいことに敏感な人まで、幅広く楽しめること間違いなし、参加した人は「必ず次回もいきたい!!!」と言わせる極上のエンターテイメント・パフォーマンスは必見だ。

さらにライブのチケットは、全6公演をすべて一緒にまわる人にはうってつけの全通チケット(メンバー直筆サイン入り 首下げパスの特典付)や、各公演ごとにお土産(メッセージ入りフォトカード/全6種類)を用意しているおもてなしスタイルの通常チケットの2種類があり、コアなファンからライトに楽しみたい人まで幅広い層に嬉しい設定となっている。

2月5日〜2月15日23:59の期間、オフィシャルサイトでは最速チケット先行予約がスタートしている。また、ライブへの意気込みや詳細は、ニコニコ動画のレギュラー番組(「FUNCTION6chのうぇうぇコヨトル! #5」のタイムシフトでも視聴可能だ。

ライブ・イベント情報
2015年6月20日(土)吉祥寺CLUB SEATA
(昼公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~覚悟の1STEP~ open13:30/start14:00予定
(夜公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~激動の2STEP~ open17:30/start18:00予定
問:avex live creative TEL:03-5545-9272(24時間テープ対応)
2015年6月27日(土)心斎橋CLUB DROP
(昼公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~爆笑の3STEP~ open13:30/start14:00予定
(夜公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~感動の4STEP~ open17:30/start18:00予定
問:キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888
2015年6月28日(日)名古屋アポロベイス
(昼公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~進化の5STEP~ open12:30/start13:00予定
(夜公演)FUNCTION6ch 1st LIVE TOUR~究極の6STEP~ open16:30/start17:00予定
問:サンデーフォークプロモーション TEL:052-320-9100

チケット料金:スタンディング 4,300円(税込)
来場者特典:メッセージ入りフォトカード ※全6種類。各公演ごとに絵柄は異なる。
全通チケット:スタンディング 25,800円(税込)
全通チケット特典:全公演6枚チケット・メンバー直筆サイン入り 首下げパス
※1drink代別途。3歳以上有料/3歳未満入場不可
FUNCTION6ch オフィシャルサイトにてチケット先行中

関連リンク

FUNCTION6ch オフィシャルサイトhttp://function6ch.com
FUNCTION6ch Facebookhttps://www.facebook.com/FUNCTION6ch
FUNCTION6ch Twitterhttps://twitter.com/FUNCTION6ch

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP