ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レーザー使用のモバイルプロジェクターPicoProはiPhoneサイズで高解像度!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンに接続するだけで、スマホ内の動画や写真、パワーポイントといったコンテンツを表示できるモバイルプロジェクター。年々、小型化と高品質化が進んでいる。

そして韓国企業Celluonから間もなく発売されるPicoProは、iPhone 6プラス大というコンパクトさでありながら、1920×720ピクセルという高解像度を誇る。しかもワイヤレスで連続2時間も作動するという、かなりグレードアップしたものとなっている。

・重さ190グラム、持ち運びもラクラク

PicoProはプロジェクター部分と、各種ケーブル端子をつなぐ部分の2つからなる。2つを合体させた大きさは約15×7.6×1.3センチとiPhone 6プラスより一回り小さい。重さもわずか190グラム。

いかに小型かという点に加え、モバイルプロジェクターで重要なのが画質。先に述べたようにPicoProは高解像度、しかも8万:1の高コントラストなので、まず満足のいく画質が得られるだろう。

・使用中の騒音を抑制

その他のセールスポイントとしては、レーザー光源なので焦点合わせが自動であることが挙げられる。また、作動時の騒音をかなり抑えていて、同社は「ノイズフリー」とうたう。

大型で、焦点合わせももちろんマニュアル、そして作動音がうるさかった一昔前のものを比べると、格段の違いといってもいいだろう。

家族や友達とモバイル端末内の映像を一緒に見るときにホームシアター風に使うのもいいだろうし、もちろん会議やプレゼンテーションといったビジネスシーンにも活用できる。

iOSデバイスと連携するこのPicoPro、先月米国で開かれた世界最大の家電見本市CESで発表された。発売日はまだ明らかではないが、価格は349ドルを予定している。

Celluon

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP